みてわかるクラウドマガジン クラウドとは?クラウドコンピューティングについて

日経BPが主催するIT Executive Forum IT Japan 2010を受講してきました。講師を務めるのはセコム、マイクロソフト、富士通、NECといった企業のトップや CIOで「良くこれだけの人を同じタイミングで集めたなぁ」と感心するくらい、そうそうたる顔ぶれでした。

そんな方々が口々に語っていたのはクラウドというキーワードです。

クラウドとは大人気RPGであるファイナルファンタジーの登場人物で…という小ボケはさておき、クラウドとはインターネット上にあるサーバーからサービスを受け、利用するというった利用形態を言います。って、抽象的で分かり難いですよね。
だから私も会場で本、買っちゃいました。

クラウドとは?クラウドコンピューティングとは?良く分かります
みてわかるクラウドマガジン(送料無料)

クラウド化によるコストメリットは相当なものでしょうね。←もちろん会社によりますが。

例えば会社のマシン室にあるファイルサーバーやメールサーバーなんかもクラウドを使えば自前で持つ必要が無くなるので、これだけでもサーバーの導入&運用費用を抑える事ができます。(管理にかかる人手も減りますので、こういった仕事に携わっている方は要注意ですが。)

もっと身近な例では…そう、Excel(エクセル)で表計算を行うケースを考えてみましょう。
普通ならパソコンにOfficeアプリケーションをインストールして、次にExcelを起動して、セルにデータを入れて…といった具合に、自分自身でソフトウェアやデータを保有していました。

これに対しクラウドコンピューティングでは、データはインターネット上でサービスを提供する企業側にあるので、利用者は特別なソフトウェアを使わずに、ブラウザだけでこれにアクセス。無事にExcelを操作可能になるんです。こうなるとパソコンはインターネットエクスプローラさえ動けば何でも出来る事になります。

それこそiPadみたいな通信に特化した非力な携帯用端末だけで、高性能パソコンでしか出来なかった事が手軽に出来てしまうような…そんな時代がスグそこまで来ているのかも知れませんね。それが良い事かどうかは別として。

みてわかるクラウドマガジン(送料無料) お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ