実践:これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識。

みずほ銀行の普通預金金利がこのブログの執筆時点で0.02%
という事は、100万円預けたとしても1年間で受け取れる利息が200円(税抜き)という計算になります。

100万円預けて200円のリターン。
銀行は我々に代わってリスクヘッジして預金を守ってくれているとは言え、この子供の小遣い程度のインカムゲインをどう見るか?によっても、資産運用の必要性が出てくるかと思います。

私としては、10年後も20年後も このまま物価が上昇しなければ、資産運用の必要性を感じなかったかも知れませんが、今までの歴史を振り返ると…今、手元にある100万円が、20年後にも100万円の価値を有する事はないと思います。

そこで私が選んだ資産運用方法、それが投資信託です。
投資信託とは、投資家から集めた資金を1まとめにして、運用のプロが株式投資を行う等して資産運用を行い、その成果に応じて収益を分配するという金融商品(ファンド)です。
ただ、その金融商品も多岐に渡るので、最低限の知識だけは書籍で得る事にしました。


とても良く順序立てて基礎知識を解説している本ですね。これを読めば投資信託の仕組みや経済の大筋が理解できると思いますし、実際の金融商品選びといった実践的な知識も身に付きます。
「こういう考えの方は、投資信託をするべきではない」と、しっかりとリスクに対する考え方も掲載しているのも特徴的です。

本当、始めるには今しかないかな?と考えさせられる本でした。
早速、楽天証券に口座開設を済ませて投資を開始しました。
⇒ 同時に株主優待生活も始めました。(その様子)
これが将来、どうなるか?が楽しみです。

これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識 お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ