[書評]はじめの一歩を踏み出そう(コミック版) 会社員に読んで欲しい一冊!

世界20か国で翻訳され、100万部を超えるベストセラーとなった本書、ジャンルとしては起業を目指す方向けの本をコミック化したものなのですが、これが凄いんです。

毎年多くの人が起業するが、その殆どが失敗する理由とは何か?
それは「起業家」「マネージャ」「職人」という3つの人格が備わっていないからである。いくら「職人」として素晴らしい商品を創りだせる能力を持っていたとしても、ビジネス成功しない。それは何故でしょうか?

はじめの一歩を踏み出そう

最高に美味しいパイを焼く能力を持つ「職人」サラを題材に物語は進みます。

彼女にふりかかった困難をコンサルタントのマイケル(著者)が起業家、マネーシャー、職人の役割の違いを明確にしながらアドバイスする事で、サラはビジネスを成功させる為に必要な事を学んで行くのですが、これがもう目から鱗な訳ですよ。

このプロジェクトが上手く機能しない理由は何だろう?
マンガだからと侮ってはいけません!その答えが、この本の中にはあるのですっ!!

あ、本当は活字の通常タイプがおすすめではあるのですが、今回コミック版を購入したのはプロジェクトのメンバにも短時間で読んでもらうためです。

全てのビジネスマンに読んで頂きたい良書です。

はじめの一歩を踏み出そう 購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ