「雑貨・インテリア」の記事一覧

チェーン付き海外旅行用財布 ソロツーリスト ウォレットC(3つ折サイフ)

海外旅行に年に2回以上行くようになったのは2007年にセブ島(その時の記事へ)からなのですが、その時に強く感じたのが 財布は普段使いのもの以外にも「海外旅行専用のサブ財布を用意した方が良い」という事です。

最近旅行したフィリピン マニラのマカティ地区(その時の記事へ)は警戒していた割には拍子抜けする程に安全で人も優しくて快適でしたが、日本に比べたらスリやひったくりも多くて油断のならない国の方が多いですからね。メイン財布に多くのお金、カードを入れた状態で紛失する…というリスクは何としても避けたいところです。

そこで海外旅行用のサイフとしておすすめなのがこちら、人気の海外旅行用品ブランド ソロツーリストウォレットCという3つ折財布です。

ソロツーリスト ウォレットC 開いたところ
ソロツーリスト ウォレットC 開くとこんな感じ

この財布には私が海外旅行用の財布はこうあるべきだ~と思う、以下の要件を満たしています。

・チェーン付きである
チェーンの片方をベルトループに装着しておく事で、スリやひったくり、落下による紛失リスクを大幅に減らせます。チェーンの長さも充分でした。

・高く見えない
旅先ではどうしても人前で財布を広げるシーンが出てきますが、ブランド物の高級サイフ = 金持ちに見える = お金が沢山入っているように見えますので…ちなみにこのソロツーリスト ウォレットCですが、高くは見えません(笑)が安っぽくもありません。ちなみにマジックテープではなく、ボタンで留めるタイプです。

・交通用カードや切符が入る
開いて左側にはMRT(地下鉄)カードや切符等の収納に便利なビニール窓付のケースが付いています。

・クレジットカードカードが入る
当然ながらカード入れが付いています。

・小銭が入る
開口部は若干狭くてそれほど多くのコインは入りませんが、札入れ部分を広げる事なく外側のファスナーポケットから小銭が取り出せます。

ソロツーリスト ウォレットC

購入前は「3つ折りなのでサイズも小さめかな?」と想像していたのですが、実際は二つ折り財布と同程度の大きさですね。それでも薄いのでパンツの前ポケットに入れても圧迫感はないです。

ちなみにチェーンは取り外し可能なので日本でも問題なく普段使いできます。チェーン付きウォレットって普通にダサいですしね。^^;

それはさておき、これで紛失リスクは減らせますが、海外ではこういったツールに依存しすぎず、用心して動く事が何より肝要かと思われます。

楽しい旅のお供に是非どうぞ。

ソロツーリスト ウォレットC購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


[今さら購入] 簡単 おにぎらず キット&ケース 確かにカンタン便利。

今回ご紹介するおにぎらずキット&ケースはその名の通り おにぎらず を簡単に作るためのものですが、正直「このレベルのものなら、いずれ100均で売られるだろうなぁ…」と思っておりました。

が、特にそんな様子も見られない事もあり 購入へと至りました。

おにぎらず キット&ケース

ちなみに…おにぎらずとは、通常は握って作るおにぎりを 握る事無く簡単に作りましょう♪というもので、これまでに数多くのメディアにも取り上げられて大変話題となったメソッドですが、元々はクッキングパパの22巻に登場したものです。
単行本が発行されたのが1991年ですから、作者の方も想定外だったでしょうね。

おにぎらず キット&ケースを使ったおにぎらずの作り方は以下の通りです。

 1.ケースの上にラップを敷きます。(任意)
 2.海苔を敷き、成形枠を置きます。
 3.成形枠の中にご飯を詰めます。
 4.押し具で押します。
 5.成形枠と押し具を外します。
 6.反対側も同じようにしてご飯を成形します。
 7.片側に具をのせてケースを閉じれば出来上がり。

おにぎらず キット&ケース

炊き立てのアツアツご飯を手に触れる事無く、かつ ふんわりとしたおにぎりが簡単に作れてとても便利でした。

簡単&経済的でもあるので、会社におにぎりを持参する頻度も高くなりそうです。ちょっと変わったおにぎりの「具」を通販で探す楽しみも増えました。

おにぎらず キット&ケース 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


【迷惑】電車内 イヤホンからの音漏れ対策にMOLDEX(モルデックス)の耳栓を。

電車に乗っている時、携帯音楽プレーヤーからの再生音がヘッドホン・イヤホンから音漏れしている人っていますよね。私はそういう残念な人達の事を「漏れ男(もれお)」「漏れ女(もれこ)」と、心の中でそう呼称し「マナー知らずで可哀そうな人だな…」と下に見ている(陰湿)のですが、シャカシャカと耳障りな音って本当に耳障りで迷惑です。

直接注意しても良いのですが、混み合った電車の中では音源の発生源を特定するのは意外と困難ですし、そもそも音漏れさせている張本人は、他人の音漏れを気にしないタイプである可能性大。

逆ギレされて、それ以上の害を被ったりする可能性もゼロじゃないですから、せいぜい睨みを利かせるくらいで基本的には放置の方向で良いのではないかと思われます。

なので不本意ながらも耳栓で自衛するしかないのかな?と思っております。

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付
MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付

は定番ですかね?モルデックス耳栓です。
キャンディーのようなパッケージではありますが、製品特性等が少しづつ異なる8種類の耳栓がペアになったお試しセットなので、きっと自分に合う耳栓が見つかりやすいと思います。

使い方は先端部分をコロコロと指先で転がして細くして、耳にねじ込むだけです。

MOLDEXの耳栓
MOLDEX(モルデックス)カモプラグ

迷惑な音漏れ対策以外にも、騒がしい環境下で集中したいとき、飛行機や夜行バス等の長距離・長時間移動するとき、うるさい隣人や近隣対策等、活躍シーンは多々あると思います。

心の平穏を取り戻すためにも是非お試しを。

MOLDEX(モルデックス)耳栓 お試し8種ケース付セット 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


フラックス・パス SuicaやPASMO等のICカードを2枚重ねて使えるセパレータ。

通勤や通学の際に複数の会社線を使っている等で、Suica(スイカ)PASMO(パスモ)といった交通系ICカードを複数枚使うケースは多いかと思われます。

で、それらのICカードを財布や定期入れに重ねた状態で改札を通ろうとすると…案の定、上手く読み取ってくれません。

って、そりゃそうですよね。
2枚以上のICカードを重ねた状態でタッチしても、自動改札にしてみれば「え?どっちのカードを処理すれば良いの?」ってなる訳ですから。

とは言え、改札を通る度に適切なICカードを取り出すのは面倒。何か良い方法はないものか…と思っていたのですが、既に色々なメーカーからICセパレータというジャンルで色々な商品が出ているみたいですね。

フラックス・パス

私が購入したのはフラックス・パスという商品です。

使い方は以下の簡単です。
 ・2枚のICカードをフラックス パスを挟んで重ねる。
 ・パスケース等に収納する。
 ・使いたい側のICカード面を改札にかざす。

フラックス・パスを挟む事で裏側にあるカードを読み取らない = 干渉が発生しない = エラーも発生しないという訳ですね。

flux pass

試しにSuica(スイカ)とPASMO(パスモ)を挟んだ状態で改札にかざしてみましたが…うん、ダメですねコレは。かなりの確率で改札を通過できまえん。

数回に1回くらいの割合なら、まだ継続利用しようか?と思えるかも知れませんが…みなさま、これは買わない方が得策でございます。m(__)m

フラックス・パス 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


進化したシャチハタ 書体も選べるキャップレス9(今更ネタ)

判子を押す機会って減りましたよねぇ。

パソコンが普及する以前の職場では シャチハタの補充インクが常備されていたくらいだったのですが、今では使い捨ての100均ハンコですら数年経過してもインクは無くならない状況であります。

とは言え、100均のものは陰影が今一つ綺麗じゃない上に、書体も恰好悪いので新調してみることにしました。シャチハタ キャップレス9という商品です。

シャチハタ キャップレス9 書体とカラー

選択可能な書体は楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、筆書体、勘亭流、クラフト墨~と10種類もある上に、レイアウトやインク色も選べるので、個性的な印鑑ができそうです。

私はパールブルーを選んだハズが、間違えてスカイブルーに…まぁ良いか。

シャチハタ キャップレス9

書体は古印体にしたのですが、これはナカナカ気に入ってまして。

100均ハンコの問題点とも言えた印影やインク色の安っぽさがありませんし、正しく水平に押印しやすいのも良いですね~。当たり前ですが出来が違います。とは言え。このシュアチハタ キャップレス9も送料込みで1000円以下

この機会に?お一つどうぞ~。

シャチハタ キャップレス9 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ