「パソコン・家電・AV」の記事一覧

[悲報]ノイズ?実はレンズの汚れだった件 カメラのレンズ掃除(クリーナー)レンズペン3

今まで写真はコンデジ(コンパクトデジカメ)のオート設定、つまりはカメラ任せで撮影していた私ですが、xz-2(過去の記事へ)という素晴らしいカメラとの出会いで、その考え方が一変しました。

とは言っても、絞りを自分好みにコントロールする事くらいしか出来ていませんが、これほどまでに質感あふれる写真が撮れるのかと感動しきり。もっと早く買っておけば…と後悔すらしました。

ただ、夜や黒いものを撮影したときに白い点というか白い丸というか、ピンボケした雪のようなものが映ってしまうのが不満でした。でも「これがノイズって言うんでしょ?なら仕方ないか♪」なんて思っていたのですが、実はレンズの汚れだったという…orz
どうりで同じ位置に映る訳だ。(馬鹿)

HAKUBA レンズペン3

そこで急ぎ、カメラのレンズクリーナーを購入する事にしました。HAKUBAのカメラレンズメンテナンス用品で、レンズペン3という商品です。

見た目はご覧のようになっていて、まさにペンですね。旅行時の持ち運びにも便利な形状。

HAKUBA レンズペン3 ブラシ

まずは本体側面のスライダを操作して収納式のブラシ(天然山羊毛)を出し、ホコリやゴミを掃除します。

皮脂汚れが付いていない状態であればこれで充分キレイになります。

HAKUBA レンズペン3 チップ

続いて反対側のキャップを外し、チップをレンズに軽く当てて円を描くように汚れを拭き取ります。

これだけで指紋や皮脂汚れがビックリする程に取れるのは、セーム革製チップ + 特許取得のカーボン粉末によって油分を吸収させるからなのだとか。もちろんレンズにキズもつきません。

お使いのカメラによっては掃除中にレンズがカメラに収納されてしまうケースもあろうかと思われますが、その場合はレンズが出た状態でバッテリを抜いてしまうのが良いと思います。(自己責任でお願いします)

デジカメのレンズは必ず汚れますので、これは1本持っおいた方が良さそうです。スマホのレンズにもどうぞ。

ハクバ レンズペン お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


WeiGood モバイルバッテリー 薄い!軽い!小容量だけど携帯しやすい!

旅行や出張には必須で、日々のお出かけの際にもあると便利なのがモバイルバッテリー
もちろん夫婦共に1台ずつ(私はダンボーモデル)持っていたのですが、奥様が中国出張からの帰国の折、飛行機に持ち込めずに没収されてしまったそうなのです。

勿論、リチウムイオン電池が航空会社によって制限のある手荷物 = 危険物として扱われる事は知っておりますが、せいぜい5,000mAhの容量です。なのに何故 没収??と思ったら「ノーブランドだから」との事。(なんじゃそりゃ)

そこで薄くて、小さくて、軽いモバイルバッテリーの口コミ記事を物色した訳ですが、世間的に言われている小型が、私が考えるサイズよりも断然大きいケースが多々…で、やっと見つけた理想的なモバイルバッテリーがこちら、WeiGoodです。

WeiGood モバイルバッテリー

表面の質感はアルミニウムを思わせつつもプラスチックではありますが、何しろ薄くて軽い♪って、まずはスペックのご紹介。

・本体サイズ:12.3 x 7 x 0.5 cm
女性の手にも収まる大きさで、薄さ何と5mm!
・重さ59g
衝撃的な軽さでバッテリとは思えないくらい。
・バッテリー容量:2800mAh

売れ筋のバッテリと比較すると容量がデメリットと言えますが、これでもiPhoneを2回充電できるとので充分ですね。

WeiGood モバイルバッテリー

本体にはポートが2つ付いていて、それぞれmicro-usbとLightningケーブルが接続可能な仕様になっています。どちらのポートからでも充電/給電OKで、ケーブルはmicro-usb Lightningという珍しい?形式で、iPhoneやiPad、Androidにも対応します。

繰り返しとなりますが、この薄さと軽さであれば 毎日カバンに入れて持ち歩いても苦になりません。あまりに気に入りすぎて自分用にも買っちゃいました。

おすすめです。

WeiGood モバイルバッテリー お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


ソニッケアー ガムヘルス 歯ぐきケアに特化した電動歯ブラシを発売日に購入(HX8931/11)

丸いカップ式(回転式)ブラウン、音波式のパナソニックやオムロン等、これまでに色々な電動ハブラシを使ってきましたが、この分野に関して 私はフィリップスのソニッケアー 一択だと思っています。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ガムヘルス HX8931/11

その理由は色々とあるのですが、まず電動歯ブラシの中でも超音波を出しているのはソニッケアーだけ。超音波は歯垢を落とすだけではなく、ミュータンス菌や歯周病菌等の細菌を破壊してくれます。

そしてソニッケアー最大の売りで特許を取得している音波水流も素晴らしい。この音波水流がブラシの届きにくい歯間の汚れを除去するイメージは、皆さまもCM等でご覧になった事があるかと思います。

で、このソニッケアーに歯茎ケアに特化したソニッケアー ガムヘルスがリリースされる!というニュースを見て、発売日当日に購入してみました。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ガムヘルス HX8931/11

ソニッケアー ガムヘルスは歯ぐきのケアに特化したモデルですが、購入の決め手はズバリ「歯医者さんに行きたくないから。」です。(笑)
大人の場合は歯の根元から虫歯になりやすい上に、歯周病は日本人の国民病とも言われてますしね。

モードは通常のクリーンモード(電源ボタン1回押し)の他、歯ぐきを優しく叩く(電源ボタン2回押し)ガムプラスモードが搭載されています。

そして強さも3段階に調整できます。

ソニッケアー ガムヘルス HX8931/11 ブラシ部分

ブラシには新開発されたプロリザルツガムヘルス ブラシヘッドが付いています。
従来のブラシと比較すると毛足が長めで、歯茎に当たる感覚もソフト。本体も軽くて扱いやすいですね。

夜は入浴しながら手磨き、そして時間のない朝はソニッケアー、加えてフッ素が配合された海外版リステリン(過去の記事へ:強くおすすめ)で、万全の口腔ケアを目指したいと思います。^^

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ガムヘルス HX8931/11 最安値検索

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


[うちわ風] 日立 扇風機 スリムファン HEF-110R リビング扇風機の決定版!

梅雨明け前…夏本番と呼ぶには早い今日この頃ではありますが、寝苦しい夜が続きますよね。

とは言え、私はエアコンを稼働させた状態での就寝が好きではないので もっぱら扇風機を使っているのですが、モーター音が気になるようになったので扇風機を新調する事に決めました♪最近の扇風機は「静か」だって言いますものね。^^

でも、扇風機を選択する上で最初に悩むのがモーターの駆動方式の違いです。

日立 扇風機 スリムファン HEF-110R

扇風機には最近登場した直流電流で動作するDC扇風機と、従来通り交流電流で動作するAC扇風機の2タイプがありまして、それぞれ以下のような特徴があります。(超ざっくり)

■DC扇風機
・AC扇風機よりも弱い風が作れ る
・AC扇風機よりも消費電力が低い = 電気代が安い
※同じ風量であれば概ね半分程度

■AC扇風機
・DC扇風機よりも本体価格が安い
 (1万円以上の価格差が多いように見えます)

だけ見れば良い事ずくめのDC扇風機。
ならば当然、購入すべきはDC扇風機!と思われるかも知れませんが、それでも私はAC扇風機をチョイスしました。

HEF-110R 価格.com 比較

その理由は同じAC扇風機とは言えども 10数年前のオーソドックスな3枚羽扇風機と比べて格段に進化している事です。

ちなみに私は現時点で価格.comで最も売れているという日立 HEF-110Rを購入しました。
これはAC扇風機でありながら、従来の弱風よりも更に弱い「うちわ風」と呼ばれる絶妙な微風を作り出す事ができます。

しかも静音!動作中である事を忘れてしまうレベルの静かさなので、寝ている間も気になりません。これも8枚羽根のお蔭なのですかね。

日立 扇風機 スリムファン HEF-110R

消費電力も気にならなかった訳ではありませんが、夏にしか使わない家電だけに、仮に電気代だけで商品差額の元をとろうとすると20年近くかかる計算になります。

なので、リビングや寝室で普通の扇風機として使われるのであれば、AC扇風機 HEF-110Rで充分かなと。が、デスクの直近で使う等で書類がなびくのも困る…といったレベルの微風が必要&一年中サーキュレーターとしても使うのであれば、DC扇風機を選ばれると良いと思います。

日立 扇風機 スリムファン HEF-110R 最安値検索

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


スタイルマジック 考えられた衣類スチーマー(ハンガースチーマー)

4月の記事でパナソニックの衣類スチーマー NI-FS470-K(ハンガースチーマー その時の記事へ)を紹介したばかりなのに、またスチーマー買ったの?と思われるかも知れませんが、購入した訳ではないのです。

これには理由がありまして… 以前にも書きましたが、パワースチーマー100(過去の記事へ)という、通販生活さんのオリジナルモデルの修理が上手くいかなかった事が何度かありまして「ならば、お詫びも兼ねて今回は修理対応ではなく、代替品を使いませんか?」というオファー頂いたのです。

スタイルマジック 外観

その代替品 = 今回ご紹介するスタイルマジックです。
スタイルマジックの方がお値段高めなので、当然その差額はお支払するつもりでしたが、それも不要という神対応で逆に恐縮…

さて、衣料スチーマーとして大事なのは「洋服のシワを素早く除去すること」であれば、このスタイルマジックは かなり優れた商品だと思われます。

まず、本体サイズが大きいんですよ。とはいえ、女性でも普通に扱える重さ。

スタイルマジック 裏面

2列に並んでいる8つの小穴がご確認頂けるかと思われますが、ココから勢いよくスチームが勢いよく噴射されます。

もちろん このまま使われるのもアリですが、これにワイドスチームアタッチメント(付属品)を装着すると、スチームが当たる幅を2倍以上に広げる事が出来ます。

使い方はパナソニックの衣類スチーマー同様、ハンドル部分の噴射ボタンを押すだけ。

スタイルマジック パナソニックNI-FS470との比較

そして特筆すべきはタンク容量ですかね。

パナソニック NI-FS470と比較してもこのサイズ!なので、毎分10mlのスチームを最長約10分間 出し続ける事が可能です。

軽くまとめますと、パナソニック NI-FS470の弱点でもある
 ・スチーム噴射面積の狭さ
 ・タンク容量の少なさ

これらが一気に解消されていますが、軽さと扱いやすさではパナソニックに分がありますが。

多くの衣類に対して一気にスチームをかけたい!という方には、スタイルマジックが向いているかも知れません。

スタイルマジック 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ