網走ビール 流氷ドラフトを飲んでみた。

飛騨高山下呂温泉修善寺蓼科蔵王等(いずれもブログ内記事へのリンクです)、今まで色々な場所への旅を楽しんできましたが、共通して思い出深かったのが地ビールとの出会いです。

普段とは違う新鮮な環境の中で味わう個性的な地ビールは美味しくても、仮にそうでなくても、飲んでいて楽しい気分になるもので「本当、ビール好きで良かったぁ♪」と思います。
こんな感じで地ビールの魅力を知ってしまうと、次は「滅多に行けない場所の地ビールを味わってみたい!」となります。← 私だけ?

例えば↓の網走ビール 流氷ドラフト。網走なんて 東京からはナカナカ気軽に行ける場所でもありませんし、日本テレビ系列の番組で紹介されてから ずっと気になっていたビールです。

網走ビール 流氷ドラフト
実際の色は明るく透明感のあるブルーです。
(オホーツクブルーと呼ぶとか)

網走ビール 流氷ドラフトのブルーはオホーツク地方の空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトとしたもので、何と仕込水にはオホーツク海の流氷が使われているそうです。

網走ビール 流氷ドラフト
網走ビール 流氷ドラフト

流氷の塩分は感じられず、味わいはスッキリと飲みやすい感じのビール…というか、分類上では発泡酒になるようです。なのでコクや苦みに物足りない感じしますが、これも地ビールの個性ですよね。

流氷ドラフトのブルーを見て、オホーツク海に浮かぶ流氷を思い浮かべながら一杯…と思いましたが、南国の砂浜でブルーハワイの絵が浮かんでくるのは困ったものです。←私だけ?

網走ビール 流氷ドラフト お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


2 Responses to “網走ビール 流氷ドラフトを飲んでみた。”

  1. 流氷ドラフト が美味しい

    こんにちは☆ 本日は「流氷ドラフト」を紹介します。 びっくりする色ですよね(ー_ー)!! 注いでみて、慌てて写真撮りました。 こちらは、網走ビールさんで作られている地ビールで…

  2. アシュ より:

    こんにちは。同じ流氷ドラフトの感想記事を トラックバックさせていただきました。 この記事にトラックバックいただけたらうれしいです(^^) お気軽にどうぞ☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ