[良コスパ] カナヤ Canaja アマローネを名乗れないアマローネ品質の赤ワイン。

難しいのは承知の上で、相変わらず2000円以下で感動レベルのテーブルワインを探しています。これが数年前であればフレイ ブラザーズ(過去の記事へ)があったのですが、今では残念ながら売値が2500円程度となってしまいました。

で、今回レビュー候補になったのがこちらカナヤ(Canaja)です。

ヴィッラ アンナベルタ カナヤ ロッソ ヴェロネーゼ
カナヤ(Canaja)

実はこのカナヤ、アマローネと同じ製法で造られている赤ワインなのです。

アマローネとは?
ロミオとジュリエットの舞台でもあるイタリアのヴェネト州で伝統的な製法で造られるワインです。原料となる葡萄を陰干しする事で成分を凝縮させ、2年以上の樽熟成と6カ月以上の瓶内熟成を経て出荷される希少なワインで、実売価格は5000~1万円前後です。

では何故、カナヤがアマローネというブランドで出荷を行わないのか?と言いますと「原料となるブドウが既定の地域以外で育ったものだから」です。

これだけの理由でアマローネを名乗れないカナヤ。早速、頂いてみました。

ヴィッラ アンナベルタ カナヤ ロッソ ヴェロネーゼ
カナヤ(Canaja)飲んでみた
抜栓したての香りは…樽由来の香りですかね?思っていたよりも弱いです。

濃厚なルビー色でレーズンのよりもブラックベリーやラズベリーの味わいを感じるフルボディですが、それ程ずっしりしておらずドライな印象。上品な渋みには高級感があります。

肉料理とカナヤ

そして勿論、肉料理にも合う合う♪

これで2000円以下なら充分ではあるのでしょうが、個人的にはもう少し香って欲しかったですかね。でもカジュアルにアマローネ風味を楽しめる面白いワインだと思います☆抜栓して少し放置して(酸化させて)も美味しいです。

ヴィッラ アンナベルタ カナヤ ロッソ ヴェロネーゼ お取り寄せ情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ