Panasonic LUMIX(DMC-FX33)おまかせスゴうす。

4年ぶりにデジカメを買った。

高画質でコンパクトという、各メーカーも注力しているゾーンなだけに、様々な機能が詰め込まれた新製品に目移りを余儀なくはされたけれど、商品選びの段階で思う事は、4年前と あまり変わっていなかったりもする。

「画素って こんなに必要なの?」
である。

年末のプリンタ商戦における解像度よろしく、デジカメの分野でも際限なく繰り替えされる画素数争い。店頭で800万画素と1200万画素が並んで置いてあったら、より多く消費者の心を動かすのは「数値の大きい方」かも知れない。

でもねぇ…1200万画素って奥さん、ポスター作る訳じゃないんだから。通常のL版プリントなら350万画素もあれば充分過ぎるくらいだし、画素数が多ければ多いほど1枚あたりの画像サイズも大きくなってしまう。

だから私も650万画素のカメラを300万画素に設定して使っていたし、同じように記録画素数を抑えて使う方も多いんじゃないだろうか?

なので、特に前のカメラでも大きな不自由は感じていなかったんだケド、買ったのは↓コレ。

Panasonic LUMIX(DMC-FX33)
Panasonic LUMIX DMC-FX33。

購入の決め手、それは何といってもカメラ任せで簡単に綺麗な写真が撮れる所じゃないだろうか。

4年間のカメラでもシーンごとに、例えば紅葉で赤く染まった山や木々を よりハッキリとしたコントラストで撮りたりのなら、モードを風景に合わせて…な~んて事をやれば良いのだけれど、さて次は集合写真を撮ろう♪なんて時に、変更した設定を戻さなければならない事がある。

面倒くさがりな私は、リフレッシュを目的として訪れた観光地ならば、出来れば余計な事に気は使いたくと思ってしまうのである。

Panasonic LUMIX(DMC-FX33)おまかせスゴうす

明るいレンズ、広角28mm、手ブレ補正、顔認識、810万画素、そして設定がほぼ不要でアウトプットも綺麗なお勧めの1台。

オークションで出品する画像にしか使ってないのが、勿体無い所でもあるけれど。

Panasonic LUMIX 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ