美味♪ピザハウス・ロッソのPIZZAで思い出す少年時代。

小学生の頃、国語の教科書にピザ・パイの歌という短い物語が載っていた。
詳細なストーリーは忘れてしまったけれど、小さなお店でおじいさんが「ひとくち食べれば…」ではじまる唄を歌いながらピザを焼いている。

当時は見たことすらなかった「ピザ」という食べもの。ぐにゃぐにゃした円盤状の生地の上にチーズを乗せて焼いて食べるそれが、とても美味しいそうに描写されていた事だけは鮮明に覚えている。

親に頼んで連れて行ってもらったイタリアンレストランで、初めて見たピザの印象は 本の挿絵の印象とはかなり違っていたけれど、運命的な出会でした。

ピザハウス ロッソ

ピザハウス ロッソ


焼いたものが冷凍してあるのではなく、解凍して、焼くことで完成するロッソのピザ。
売れているだけに待たされますが、冷凍食品の概念を打ち崩すような美味さでした。

ピザハウスロッソのピザ お取り寄せ ピザ パイの歌(書籍)購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


One Response to “美味♪ピザハウス・ロッソのPIZZAで思い出す少年時代。”

  1. […] きっと誰もが「美味い!」と言うと思います。 (当ブログでも2回目の登場です。) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ