[無洗米]岐阜のNo1ブランド米ハツシモ 日本人なら美味いお米を!

くず米の価格が高騰しているらしい。

くず米とは「特定米穀」と呼ばれていて、本来であれば味噌やお菓子、または糊等の接着材に使われる、要するに「主食用に適さない」と判断されたお米だ。

何でも、これらのお米を通常の(主食用)のお米に混ぜて販売する業者が急増しているから…らしい。
産地偽装や賞味期限等、全国各地で行われる偽装。

業者のモラムの低さに怒り心頭の消費者も多いと思うのだけれど、私は安い商品ばかりを求める消費者にも問題があると思うのである。

特に「値上げ」というメーカーが行う行為に対しては日本人ほど、その理由も考えずに極度な拒否反応を示す民族も珍しいのではないだろうか?

魚だって肉だって野菜だって、いつも決まった時に必要なだけ取れる訳ないんだから。ましてや石油価格の高騰で流通コストは右肩上がりなのに、一時的な値上げすら良しとしない風潮があるから、企業は苦肉の策で偽装を行ってしまうのである。値段を上げられない以上、品質を落とすしかないんだから。

偽装を行う企業の肩を持つ訳ではない事をお断りしつつ、お米の話に戻ろう。

お米は毎日食べるもの、つまりは主食だから…というだけではなく、日本人の「食」の原点だと考えるのは私だけだろうか?
どうせなら、↓のハツシモのように美味しいお米を作って下さる農家の方々に感謝しつつ、頂きたいものである。

ハツシモ
岐阜のNo1ブランド米「ハツシモ」

モチモチ感を売りにするコシヒカリを筆頭とする銘柄米とは違い、このハツシモはお米本来の食感とサッパリ感が楽しめる大粒で秀逸なお米で確かに冷めても美味い。

くず米は形や見てくれが悪いだけではなく、蛋白質やアミノ酸、脂質等の要素が通常のお米よりも少なく、味も悪いのが一般的。

それを毎日の主食として食べてたら、味覚だけではなくて、心まで貧しくなるような気がするのです。

日本人なんだから、ちゃんとした米食べましょうよ♪

ハツシモ(岐阜)の無洗米 お取り寄せ・購入先情報 お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ