嬉野温泉 温泉湯豆腐 食べてみて!

皆さんは温泉湯豆腐をご存知でしょうか?

温泉湯豆腐とは、湯豆腐に使う「水」の代わりに佐賀県 嬉野温泉の温泉水を使う事で、そのアルカリ性の温泉成分によって豆腐が溶け出し、その状態で楽しむ湯豆腐のことを言います。

豆腐の佐嘉平川屋(嬉野) 温泉湯豆腐
嬉野温泉名物 温泉湯豆腐お試しセット(送料無料)

温泉湯豆腐の作り方は簡単、
「土鍋に豆腐、そして嬉野温泉水を入れて火にかけるだけ。」
です。

こうする事で徐々に豆腐が溶け出してお湯が白濁してくるので、頃合いを見ながら頂きます。
おすすめの食べ方ですが、まずは何もつけずにそのまま、しかも溶け出した直後と しばらく経過した後で味の違いを楽しんで頂きたいです。

嬉野温泉 温泉湯豆腐


最初はアルカリ成分の心地よい苦味と微妙な酸味が味わえて、それが徐々にクリーミーでほのかな甘みの豆乳味へと変化していく様が楽しめます。流石は佐嘉平川屋の人気商品です。
その後でポン酢やゴマダレですかね。

豆腐を楽しんだ後は白菜等の野菜を入れて、次はご飯と塩を加えてリゾットに。

…いや、マジで美味いです。
見た目は豆乳鍋のようにも見えるんですが、格段に温泉湯豆腐の方が美味いですね。これ食べちゃうと、豆乳鍋スープの味が人工的にさえ思えてきます。
本当、心も身体も温まって幸せな気分になりしまし。

余った嬉野温泉水はスーパーに売られているような普通の豆腐でも、嬉野温泉の温泉湯豆腐気分を味わえます。まぁ、丁度2回分くらいなんですケドね。

嬉野温泉への興味がUPする秀逸な特産品だと思いました。

嬉野温泉 温泉湯豆腐お試しセット(送料無料)お取り寄せ情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ

編集後記:

嬉野温泉の温泉水と言うか、この温泉湯豆腐用の調理水だけを単品販売してもえないものなのでしょうかね?
って、豆腐屋さんには酷な要望でしたかね。(汗


One Response to “嬉野温泉 温泉湯豆腐 食べてみて!”

  1. ショップチャンネルのとろんとろん温豆富堪能セット口コミいただきました♪

    今回は先日たぬポンさんが感想を寄せて下さった『とろんとろん温豆富堪能セット』をご紹介~。 ※画像をクリックするとショップチャンネルの 『とろんとろん温豆富堪能セット(3人…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ