Lobo(タイ)カーオパット・ガパオペースト(Holy Basil Seasoning Past)

日本ではタイ料理の大定番!なのに、実際タイに出かけてみるとナカナカ出会えない料理、それがガパオではないでしょうか?

私もタイには過去3回(バンコク2回、プーケット1回)行っていて、食事も地元の食堂をメインに楽しんでいますが、メニューでガパオを見た事がなかったりします。

でも折角タイまで来たのだから~♪という事で、毎回お土産に大目に購入するのがこちら、lobo(ローボー)社のガパオペーストHoly Basil Seasoning Pastです。

Holy Basil Seasoning Past

調理方法はとても簡単で、油を軽く敷いたフライパンで挽肉を炒めつつ、このガパオペーストを混ぜるだけです。

これだけで本格的なガパオが楽しめます。

Lobo(タイ)カーオパット・ガパオペースト

これが味わい深くて、自宅で出せる味ではないと思います。^^

このレベルならお店でも出せるんじゃないかな?というレベルで、辛さも普通にありますが、日本のタイ料理店の平均よりもマイルドで、むしろ日本人には合っているかと。
刻んだタマネギが入ると一層美味しいです。

タイ料理店でガパオを良く召し上がる方には是非一度、お試し頂きたいです。
ちなみに楽天では扱われていない事が多く、たまにamazonで見かけます。ご参考までに…

Lobo ガパオペースト Holy Basil Seasoning Past 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


2 Responses to “Lobo(タイ)カーオパット・ガパオペースト(Holy Basil Seasoning Past)”

  1. 伊藤雅行 より:

    ガパオは屋台で見る方が多い、日本の牛丼みたいな庶民の料理ですが、高級タイ料理店へ行ってもメニューに必ずあります。似たような料理が多いので見逃されたかも。ただ、高級店の味はやや甘くそれなりに上品ですし、卵や、キュウリがついていないお上品な盛りつけです。鶏肉以外にも、エビ、牛挽き、魚が選べます。おっしゃるとおり、タマネギは必須です。ほかに、インゲン、ヤングコーンが入っていたりします。また行く機会があると良いですね!

  2. うえ@管理人 より:

    伊藤さま、コメント有難うございます!
    タイでは高級店には行かずに、地元の方で溢れるようなお店を中心に回りました^^仰る通り見逃してたかも知れません。
    次回はベトナムに行きますが、その次はまたタイに行きたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ