蓬莱本館の手作り豚まん(肉まん)を朝食に。

朝食のパンに飽きたら「肉まん」。これって結構アリだと思うのです。
優しい暖かさで脳も目覚めますし、通常サイズの肉まんなら丁度良い腹具合で 活力もUP!季節を問わずおすすめ出来ます。

そこで美味しい肉まんを買おう♪となりますと真っ先に思い出すのが、以前にもお取り寄せした横浜中華街 世界チャンピオン皇朝の肉まん(過去のレビュー記事へ)なのですが、新たな発見にも期待したいと思うのは通販好きの性。(笑)

という事で、今回は大阪の味として評判の、蓬莱本館名物の豚まんを試してみる事にしました。

蓬莱本館 肉まん
ふわふわの皮が良いカンジですねぇ♪
早速、半分に割ってみますと まず玉ねぎの香りが立ちますが、これは厳選された淡路産の玉ねぎとの事。ちなみに、この豚まんが開発された昭和20年代に一般的だった豚まんには、今では当たり前のように使われている玉ねぎが入っていなかったそうです。

蓬莱本館 肉まん
大阪 蓬莱本館の豚まん(肉まん)

具は中華街で良く見かけるような肉団子系ではなく、中村屋の肉まんのように ほどかれた柔らかタイプですね。豚肉や玉ねぎをはじめとする全ての具材の旨みが溶けあったエキスが中の皮に染み込んで、普通以上に美味しいレベルかと思われます。

電子レンジでも手軽に調理可能ですが、やはり蒸した方が一層美味しく楽しめると思います。

参考リンク:我が家で重宝しているティファールのスチームクッカーの記事へ

蓬莱本館の手作り豚まん(肉まん)お取り寄せ・購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ