静岡おでん缶で静岡おでん初体験!

秘密のケンミンshowで静岡県出身のタレントが静岡のご当地グルメを紹介するシーンを度々目にするのですが、その殆どに「そうそう♪」と共感できないのが、同じ静岡県でも熱海市出身の私です。

例えば最近有名になった静岡おでん
静岡おでんとは牛すじと濃口醤油でとった真っ黒いスープが特徴的なおでんで、具には黒はんぺんが必ず入っており、イワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食べるもので、静岡市では駄菓子屋でも売られている程にポピュラーなもののようですが、熱海市内では見た事がありません。
これも熱海市が地理的にも文化的にも神奈川県寄りだからですかね?

とは言え、キリンビールのCMでも取り上げられ、静岡おでんの会がB-1グランプリに出展して3位に(2007年)になる等で全国的にも注目を浴びた静岡おでんを「おでん缶」で試してみる事にしました。

静岡おでん缶
静岡おでん缶を缶ごとお湯で温めて器に移すと…ん?思ったよりもスープは黒くないんですね。
でも このスープが我々夫婦が思っていた以上に本格的でした。ダシや醤油が主張しすぎる事のない絶妙なバランスは相当なものだと思います。

静岡おでん缶
静岡おでんの会公認 静岡おでん缶

具は静岡おでんを象徴する黒はんぺん、糸こんにゃく、牛すじ、なると巻き、さつま揚げで、うずらの卵が3個も入っている点が何となく豪華です。
大根が入っていないのが残念ポイントですが、缶故に仕方ないのでしょうね。

世の中に出回っている静岡おでん缶の中では最も歴史のある商品は静岡おでんの会公認。
家で食べてご当地感を味わうも良し、ちょっとしたお土産やアウトドアにも良いかと思われます。

静岡おでん缶 お取り寄せ・購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ