ペンギン食堂 石垣島ラー油。幻の石ラー その美味しさは如何に?

妻が仕事仲間から石垣島旅行のお土産としてペンギン食堂石垣島ラー油を頂いたそうです。

ペンギン食堂?石垣島ラー油??
実は最近までこの石ラーの事を全く知らなかったのですが、ともて入手困難な大人気ラー油のようですね。

ペンギン食堂 石垣島ラー油とは?
石垣島で食堂を営む辺銀さん夫妻が、島唐辛子やウコン、地元で採れた塩など 石垣島産の素材にこだわって1本1本手作業で、それも10時間以上かけて丁寧に作られたラー油です。
メディアの紹介によって人気に火がついた石垣島ラー油は非常に入手困難、今では幻のラー油とまで言われているようです。

そんな希少なラー油を頂けるとは有り難い♪
早速、餃子で試してみました。

餃子&ラー油
これはまた…ずいぶんとマイルドな味ですねぇ。
少なくとも、通常のラー油に感じられるインパクトはなく、ラー油に拘りを持たない私には その魅力が今一つ伝わってきませんでした。

確かに食材を炒めて、程よく焦がした時にでる苦味と 味に若干の深みは感じましたが、お店の前に何時間も並んだり、オークションで割高に落札したり、数か月待ってまで通販購入するようなシロモノでもないと思いました。

ペンギン食堂 石垣島ラー油
ペンギン食堂の石垣島ラー油。通販での入手方法は後程…

でも、これが人気なんですよねぇ…
ペンギン食堂の石垣島ラー油人気にあやかろうと、色々なショップがあの手この手で類似商品を掴ませようとする動きも見えますので、通販購入の際には注意が必要です。

例えば楽天市場で「ペンギン食堂 石垣島ラー油」と検索し、それをレビュー数が多い順にソートすると、一番上位にコチラの楽天ショップの商品が表示されます。
(新しいウィンドウが開きます。是非ご覧になって下さい…)

そうなると、普通は「これがペンギン食堂の石垣島ラー油なんだな。」って思いがちですよね?

でも実際は、背景色に近い色で目立たないように、そして小さく
「ペンギン食堂 石垣島ラー油」
なんてキーワード(文字)を埋め込んだりして、上手く検索で引っかかるように仕組んでいます。

キーワードを埋め込む手口

コレ、悪質だと思うんですケドねぇ…
まぁ、良く見かける手法というか、手口ですが。

ペンギン食堂 石垣島ラー油 お取り寄せ・購入先情報


以下が現実的に考えられる入手方法だと思います。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ