龍が如く 維新 ストーリーに課題残るも長く遊べる良作。

主人公 坂本龍馬となって幕末の「京」を舞台に、激動の時代を駆け抜けた歴史上の英雄たちと共に、今まで誰も見たことのない新たな幕末史が展開される!というゲームです。


私はゲーム好きな方ではないと思うのですが、GTAシリーズと今回の龍が如くシリーズだけは、欠かさずにプレイしています。
そもそもプレイステーションは本作品の為に購入したようなものですし、^^;

という訳で早速プレイしてみたのですが、今回もやり込み要素には凄いものがりますね。忙しいサラリーマンが毎日1時間だけ、全ての要素を楽しもうとしたら、どれ程の時間がかかるんだろう?と思えるくらいに。

龍が如く 維新 戦闘スタイル

戦闘システムも進化していて、刀だけて戦う「一刀」、銃のみの「短銃」、それらを組み合わせて戦う「乱舞」、素手で戦う「格闘」等、シーンに合わせた戦い方が楽しめるのは良いです。

銃の威力は考えられないくらいに低いものの、距離をとって乱射する事でボスにも勝ててしまう~という変なバランスですが、「使わない」という自分縛りをすれば良いと思います。^^;

龍が如く 維新

後半のシナリオ展開に課題がある…という、このシリーズに共通する特徴も踏襲してしまっていますが、それでも「龍が如く」です。

舞台が幕末ってだけなんだな♪と、あれこれ余計な事は考えずに気軽に楽しむのが良いと思います。

龍が如く 維新 購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ