水切りまな板 リンスアンドチョップ 1台3役のまな板。

帰宅すると奥さんが台所で夕食の準備をしてくれていました。
今日もにこやかに食事を作ってくれる彼女に感謝の気持ちを感じる一瞬な訳ですが、今日はいつにも増して笑顔です。
ん、何か良い事があったのかな?と思っていると、

「見て見て!これ 前から欲しかったんだ♪」

と、不思議な形をした「まな板」を見せてくれてました。
野球で使うホームベースの一部分に多くの穴が開いたような形状のまな板は、リンスアンドチョップ(Rinse&Chop)というTVショッピングでも紹介されて話題となった商品だそうです。

Rinse&Chop
便利さが分かるリンスアンドチョップ(Rinse&Chop)

まな板と水きりが1つになった商品なんですね。

なるほど、確かにこれなら

野菜を切る → 水洗いする → 水を切る → 鍋やフライパンへ

という普段の料理シーンで良くある一連の流れを、ボウルやザルを使わずにまな板だけで実現できそう。色はレッド、グリーン、グレー、ホワイトの全4色から選択可能です。

さて、肝心の使用感ですが、水切り等の動作によって「折り目」がつく事で、まな板と包丁の間に若干の隙間が出来る = 切りにくい箇所が出来てしまうようですが、切った食材を散乱させずに鍋やフライパンに移動できる等、不都合を補って余るだけのメリットが感じられるそうです。

多少なりとも料理をされる方にお勧めですが、折れ曲がる部分は切れやすいのでご注意を。

水切りまな板 リンスアンドチョップ お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ