激安版(訳あり)珪藻土バスマット 本家soilよりも格安だけど吸水性は問題なし。

私が今までにお取り寄せした通販品の中には「きっと一生使い続ける」であろうベストバイ!と呼べる商品が幾つかあります。
それをあえて3つ挙げるとするならGLOBALのペティナイフトゥルースリーパー、そしてsoilのバスマットです。(いずれも過去の記事へ)

soil バスマットとは?
普通のタオルやマイクロファイバー生地で出来たバスマットではなく 珪藻土で出来たバスマットです。これがもう、とにかく秀逸なのですが お酒を飲んだ帰り道に裸足で道路を歩いた足で乗った際の汚れに加え、下にタオルを敷いた事によるバランスの崩れで真っ二つに割れてしまったので買い替えを余儀なくされました。

本来であれば前回同様soil バスマットを購入するのですが、お値段が6,000円以上するので 今回は別メーカーの珪藻土バスマットを購入してみる事にしました。

正式な商品名かどうか分かりかねるのですが、keiso2という商品です。

珪藻土バスマット keiso2
珪藻土バスマット keiso2

ビジュアルはsoilバスマット同様、漆喰で出来たまな板のようです。大きさは約60cm x 40cmで大きさも充分、厚さはsoilの半分くらいですが問題ないと思います。

早速使ってみましたが、中国製なのに加えて訳あり商品なので表面の粉っぽさのようなものは感じました。(soilは表面がとても滑らか)
ですが、乗って途端にすぐ乾く点はsoilと比較しても遜色ありません。

珪藻土バスマット keiso2

何人かで連続して使った時に感じるビチャっとした不快感もないので、コレを使うとタオルのバスマットには戻れなくなると思います。

メンテナンスは週に1~2回の陰干しで充分で、吸水性が落ちても添付のサンドペーパーで表面を軽く削るだけで簡単に復活します。

一度でも珪藻土バスマットを使うと普通のバスマットに戻れない点にご注意を。珪藻土バスマット未体験の方には是非使って欲しい商品です。

珪藻土バスマット keiso2 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ