アラミック シルクタッチシャワー★シャワーヘッドを交換してみた★

東日本大震災を機に 毎日使う電球を白熱球 LED電球に交換する事で、わずかながらの省エネに貢献したつもりではいましたが、水資源の節約には消極的だったかな?と思い立ちました。

もともと洗濯機なんかも節水タイプだったものですから…という事で、節水タイプシャワーヘッドを購入してみました。

アラミック シルクタッチシャワー
アラミック シルクタッチシャワー

シャワーヘッドの交換(取り付け)はとても簡単!
何しろ回して、外して、取り付けるだけですから。

3つのアダプターも添付されているので、大抵のご家庭でそのまま利用できるハズです。(ウチのマンションではそのまま取り付けられました。)

アラミック シルクタッチシャワー 穴の大きさ比較 一般的なシャワーヘッド
一般的なシャワーヘッド 穴の大きさ比較

一般的なシャワーと比較して穴がとても小さいので、割と少ない水の量でも充分なレベルの圧力で、シルクタッチという名の通り、湯あたりがとても柔らかく感じます。

本当はフィルタを介してカルキ(塩素)を除去するタイプにも惹かれたのですが、定期的に消耗品を購入するのも煩わしいですものね。(アラミック シルクタッチシャワーは消耗品不要です)

貴重な水資源と水道代の節約に是非どうぞ。

アラミック シルクタッチシャワー 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ