緑の魔女 ランドリー 爽快ドラッグで一番売れてる液体洗濯洗剤。

商品名に魅かれた液体洗濯洗剤 緑の魔女を購入してみる事にしました。

緑の魔女…深い森の中で鷲鼻の老婆が薄気味悪い笑みを浮かべてながら、緑色の液体が入った鍋の姿を想像するのは私だけでしょうか?何となく、恐ろしく汚れが落ちそうです。

なんて思ったら、緑の魔女の「緑」とは「クリーン」「地球にやさしい」「エコ」をイメージしてたんですかね。(実際には現地での商品名を日本語化したものでしょうけれど。)

この緑の魔女は環境に対する意識が高いドイツでは既に一般の消費者に親しまれているようで、緑の魔女の何が凄いかって、バイオの力で「洗濯物を洗浄する」というメインの目的を充分に果たした後で、その排水が環境を汚さないばかりか、更に洗濯後の排水で環境を浄化してしまうそうです。

こりゃ凄い!という事で、自称 環境意識の高い私も緑の魔女ランドリー(820ml)を購入してみる事にしました。

緑の魔女 ランドリー
容器も薄い環境配慮型で、ボトル上部で洗剤の量を測るタイプです。

まずは緑の魔女ランドリーの汚れを落とす能力に関してですが、特別に落ちる!という訳ではなく、国内の有名メーカーの液体洗剤と同レベルかと思われます。子供の泥汚れには弱いという口コミ記事も見かけますが、普通に使う分には全然問題なしです。
無香料で蛍光剤も入っていないようで、ここでも地球環境への配慮が感じられます。

緑の魔女 ランドリー
緑の魔女 ランドリー(820ml)

凄いのは使い終わった後ですかね。
黒ずんていた排水パイプの汚れが落ちて、パイプや洗濯機自体の匂いまでもが気にならなくなるんです。これも汚れを食べる微生物が「水で薄まった緑の魔女」によって活性化されたせいでしょうか。何だからビフィズス菌が人間の腸内環境をキレイにする働きに似てますね。素晴らしい液体洗濯洗剤です。

気になるのは値段ですかね?
私が購入したのは緑の魔女 ランドリーの820ml入りですが、これだと1回あたりの洗濯にかかるコストが14円と、国内の有名液体洗剤、例えばアタックバイオジェルに比べても4割程度高い計算になりますが、魔女 ランドリーのラインナップには5Kg入りもありますので、これを使う事で1回あたりの洗濯コストが10円程度に下がります。

なので、試してみたい方は緑の魔女 ランドリーの820ml入りを、私の記事を信じて下さるチャレンジャーの方は5kg入りの業務用をチョイスされては如何でしょうか?

5kg入りなら送料も無料になりますし…

緑の魔女 ランドリー 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ