迷惑なチラシ投函(ポスティング)拒否方法。

元々は迷惑チラシの投函被害にあう友人の為に考えたアイデアですが、日々、郵便受けに投函されるチラシって迷惑ですよね。
(例:不動産、リサイクル、引越し、ピザ屋、寿司屋、新聞、宗教、ピンク系…etc)
ゴミにしかならないので資源の無駄になるばかりか、こういったチラシ類が郵便受けからはみ出す = 長期間留守をアピールするようなもの = 防犯を行う観点でも好ましくありません。

そこで、こういったチラシ投函を行う業者や日雇いバイト君対策として考え付くのが
「チラシ投函お断り!」
といったステッカー等ですが、これも効果が薄いようなんですよね。
(言いたかないですが、住友不動産販売さんが委託されるポスティング業者は こんなのお構いなしです。)
実際、楽天でも市販されているようなのですが(その実物)、インクジェット仕上げである上に価格も360円…微妙~。


そこで、その効果が薄い理由と対策を考えてみました。

【1. 迷惑なチラシ投函 ポスティングが減らない理由】
広告主はポスティング業者に業務を丸投げ ポスティング業者はバイト君に丸投げ。
こんな図式じゃないですかね?実際、多くのポスティング業者は「チラシ配布お断り!」といった掲示があるポストには投函しないように指示を出してはいるのでしょうが、バイト君は収入を得る為に迷惑を顧みず投函するのでしょう。

また、「チラシ」という表現が曖昧なのも原因の一つではないか?と思っています。
以前、まさにポスティングされている瞬間を目撃した友人は
「チラシは迷惑だから、入れないでくれる?」
と、勇気を振り絞って注意したそうですが
「これはチラシではなく、宗教を知って頂く為の資料です。」
と、堂々と切り替えされたそうです。

【2. チラシ投函 ポスティング対策】
そこでエコポストという仕組みを参考に、こんなステッカーを考えてみました。

チラシ投函お断り

特徴としては
「郵便局、宅配便、公共配布物を除き、承認された配布物のみを受け取る」
といったものです。
実際、これ以外の配布物を受け取る必要もないので、チラシ配布員が実際にQRコートで示されたサイトにアクセスしても、こんな情報が表示されるだけです。
文末には「マトモな仕事を探して欲しい」という願いを込めて、フロムエーとanのアルバイト広告を掲載しています。(笑)

【3. このステッカーの使い方】
ここを右クリック → 対象をファイルに保存して下さい。
 ZIP圧縮したファイルに複数サイズの画像をまとめておきました。
A4の手作りステッカーキットや市販のシールに印刷して下さい。
(お手持ちのソフトウェアで お好きなようにレイアウトして印刷しちゃって下さい。)

【4. それでも迷惑チラシをポスティングされたら?】
ステッカーに記載した通り、広告主に引き取りを依頼、または今後の再発(再投函)防止を約束させましょう。
具体的にはチラシに記載された連絡先に電話して、チラシを引き取りに来させても良いでしょうし、広告主のWebサイト等から問い合わせを行うのも効果的です。

相手の事を考えない無責任なチラシ投函、ポスティングが少しでも減る事と良いですね。

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


29 Responses to “迷惑なチラシ投函(ポスティング)拒否方法。”

  1. クレ より:

    溢れんばかりのチラシだけを捨てるポストにウンザリしていたので、さっそく使わせて頂きました。
    細かいところまでよく考えられていて、QRコードからバイト情報まで紹介してくれるなんて本当に素敵過ぎます。(笑)
    ただ画像サイズが自分には小さく、拡大してもぼやけたので、ほとんど一緒ですが新しく自分でも作ってみました。
    効果が出ることを信じて見守っていきたいと思います。

  2. クレさん、コメント有り難うございました。
    確かにそうですよね…配慮が足りずに申し訳ございませんでした。m(__)m
    そこで、複数サイズの画像がまとめてダウンロードできるように修正してみました。
    この度は貴重なご意見を有り難うございました。^^

  3. ドン より:

    所有物件にピンクチラシが地面にまでばら撒かれて
    困っていました・・・
    防犯カメラまであるのに・・・

    今まで自作の貼紙をしていましたが効果がないので
    コチラをダウンロードさせていただきました。
    ありがとうございました。

    • うえ@管理人 より:

      ドンさん、こんばんは。コメントを有り難うございます。^^
      ピンクチラシですか…こちらは不動産系です。
      お互い大変ですが、迷惑チラシがなくなると良いですよね。

  4. shirakaba より:

    名古屋市内でも住友不動産販売の投げ込みチラシは目に余るものがあります!!挙句の果て「何かあったのでしょうか??」チラシが入ると誰かが細かく裂ききざんで周辺にバラマキ近所の悩みの種になっています!
    代表者が担当営業所に電話、FAXで採算警告をしたのですが・・・・、相変わらず続いています。最近はFAXを送ってもロックしてあるようで、送れない状態!!企業としての地域への貢献度は及ばず、責任感もなく。目先の営業実績だけの追求でしょうか??これでは企業としての責任感は全くないですね!!「迷惑条例=行為」として警察にお出ましいただくしかないようですね!!

    • うえ@管理人 より:

      shirakabaさん、こんばんは。^^
      私もまったく同じように思います。
      また、ココで働いている営業職以外の方は、
      一体どんな気持ちでモチベーションを保っているのかなと…
      意外と自社の状況とは評判を知らないのかも知れませんね。

  5. みらい より:

    管理人様へ
    賃貸管理をしている不動産業者です。
    当社が管理している賃貸物件でもチラシの投函が多く
    入居者様からの苦情が寄せられておりますので
    禁止の張り紙を出しましたが効果がありませんでした。
    管理人様が作られたものを印刷して使わせて頂きたく思い
    コメントをさせて頂きました。
    QRコードが個人的にツボでした(笑)
    当社の管理しているマンションで使用してもよろしいでしょうか?

    • うえ@管理人 より:

      みらい様、こんばんは。^^
      確かに…入居者さんの感情の矛先は
      不動産会社になるケースって多いですものね。お察しします。。。
      もちろん、どんどん使ってやって下さいませ~☆
      迷惑チラシが根絶する事を心から願っております。m(__)m

  6. もぐりん より:

    マンションの東京都内の管理組合の役員をしております。
    当マンションも悪質チラシに閉口し、私が担当として対策をとる事になりました。いろいろ試した結果、最近は月に1~2枚しか投函されなくなるまでになりました。
    様々の業者の中で特に住友不動産販売、三井のリハウス、ドミノピザは特に悪質でした。
    当マンションの対策方法について書きます。
    ① 集合ポスト前に当然に「チラシ投函禁止」の掲示は出します。一般的な禁止事項の他にこの様に書いておきます。「投函された場合には企業の責任者宛に着払いの宅配便にてすべて返送します。差出人は投函した企業と致します。」当マンションはこれをA3サイズで掲示しています。
    ② ①で掲示してある掲示と同じものをコピーして用意しておきます。当マンションではA4に縮小して用意してあります。これにはマンション名と住所も印刷してあります。
    ③ 投函された場合、Webにてその会社の本社と社長を調べます。そして投函されたチラシと②の掲示をコピーしたものを入れてその会社の社長宛に着払いの宅配便で返送します。差出人はその企業の社長でもいいですし、営業所や店舗なら○○営業所所長や○○店店長がいいでしょう。以前は差出人をマンション管理組合で出したことがありましたが受け取り拒否をされる場合がありましたので差出人は投函した企業にしておきます。当マンションでは100円ショップで買ったA4の茶封筒に入れて返送しています。送料はクロネコの場合コンビニに持込で¥640です。だいたいチラシは無節操に入れられています。個人の居宅のポストの他に管理組合用、管理会社用ポストまで投函されています。私の場合、この3枚をそれぞれ別口にして返送しています。よって相手企業は¥640×3=¥1920を負担することになります。

    投函される度に返送を繰り返します。相手から詫び状が届いたり、担当者が謝罪に来たことは多々ありますが、相手企業からクレームが来たことは一度もありません。最初は面倒ですが続ければ半年で週に1~2枚程度、一年で月に1~2枚まで減らせると思います。電話での交渉も何度も行いましたがストレスになるばかりで効果が薄いですが、この方法は確実です。

  7. うえ@管理人 より:

    もぐりん様、こんちには。^^
    私も仰られている着払いでの返送を考慮したのですが、
    この方法には以下の問題を感じ、断念しました。

    1.企業 = 投函業者とは限らない事
    投函業者のマナー&コンプラ違反によって、
    依頼主が損失を被るのは理にかなっていません。

    2.着払いの依頼主欄に虚偽記載を行っている事
    受け取り拒否をされる可能性があるから…といって、
    依頼主欄を詐称する行為自体の違法性は分かりかねますが、
    チラシ投函の代償と送料を比較した場合、
    明らかに企業側の損失が大きくなります。
    駐車場に掲載された「無断駐車は3万円申し受けます」と、
    掲示するのと似たような理屈かと思われます。
    (この場合、裁判で勝ち取れるのは正規料金の2~3倍の金額とされています。)

    一度警告を行った後に この方法をとるのなら…とは思いますが、
    迷惑行為に迷惑行為で対抗するのは如何なものかとs考えた次第です。

    • もぐりん より:

      先日の当方の書き込みが限定的であり当方が短絡的に返送しているかのような感じがあるようなので改めて書き込みさせていただきます。

      当マンション理事会にてチラシの投函を一切禁止とした理由は、ある居住者の方から「私の部屋は集合ポストの近くにあり、毎日毎日数枚のチラシが投函されその度にパタンパタンという音がうるさいのだが何とかならないか?」と言う苦情からでした。理事会で討議した結果、一切のチラシ投函を禁止する事とし、私がその対策を担当することとなりました。

      当初は電話で投函しないようにと連絡したり、文書にて連絡したりしていましたが効果は限定的でした。一旦は収まりますが暫くたつと再び投函されるようになります。

      私たちのマンションの集合ポスト前には大きく「チラシ・パンフレット投函禁止」と掲示してありその他に細かくいろいろと注意書きが記載してあります。
      一つにこう記載してあります。「ポスティング業者による投函は、チラシ・パンフレット投函禁止の注意を無視して確信して行う悪質な行為である。そのような悪質業者を使用した責任は当然、迷惑チラシ配布依頼の企業にある。よって、その責任は迷惑チラシ配布依頼の企業に問う。」

      ”企業 = 投函業者とは限らない事
      投函業者のマナー&コンプラ違反によって、
      依頼主が損失を被るのは理にかなっていません。”

      とのことですが配布は○○○○(ポスティング業者)が行いましたなどと書いてあるチラシはありません。当方はその責任は当然に企業にあると考えます。

      またこのようなことも記載しております。
      「ピンクチラシはすべて○○○○警察署へ提出する。売春ほう助であるので強く取り締まりを求める。」
      実際にピンクチラシは月に一度まとめて警察へ提出しています。実際に警察が対応してくれているかは疑問ですが、今はピンクチラシはほとんど投函されなくなりました。全体的に厳しくなり当マンションだけでなく全体的無くなったのだとは思ってはいますが。

      先日書き込みましたが「投函された場合には企業の責任者宛に着払いの宅配便にてすべて返送します。差出人は投函した企業と致します。」とも記載しております。この記載によって「着払いの依頼主欄に虚偽記載を行っている事」になるのか、また免責になるのかは当方にもわかりません。
      ただ、好き好んで行っている訳ではありません。正直、面倒ですし…。
      確かに駐車場に掲載された「無断駐車は3万円申し受けます」と同じかもしれません。でもそれは罰金が欲しい訳ではなく無断駐車をして欲しくないから書いてあることです。当方も同じです着払いで返送をしたいのではありません。ただ迷惑チラシを入れないで欲しいだけです。

      この方法にするまでいろいろなことを試しました。何度電話しても止めてくれない企業(上場の不動産会社)は担当者を何度も呼びつけました。それども止まらずその企業の社長にそれまでの経緯をすべて書いた抗議文を出し社長との直接の話し合いを求めました。ちょっと脅しで「担当者では迷惑行為が止まらないので社長との直接の話し合いを求める。話し合いに応じなければ業界団体(不動産○○○協会等)の仲介を求める。」と書きました。この企業の社長は当方を訪れ謝罪され、以後、この企業迷惑チラシ一切投函されなくなりました。他の業者にも似たようなことを何度も行いました。ただ、これは効果的ですがもの凄くエネルギーが必要です。

      いろいろな方法を試み一番効果的だったのが「着払いによる返送。」です。
      社長宛に返送するせいか、相手から詫び状が届いたり、担当者が謝罪に来たことは多々ありますが、相手企業からクレームが来たことは一度もありません。

      ”迷惑行為に迷惑行為で対抗”ではありません。自分たちを守るためのやむを得ない手段だと考えます。
      当マンションのようにここまで迷惑行為を減らせる方法があるならば教えていただきたいと思います。

      • 損害賠償されました より:

        突然の書き込み失礼致します。
        当方都内で約500世帯の分譲マンションの管理組合理事長をしている者です。当マンションも毎日大量の不要チラシのポスティングに悩まされており、貴マンションの対応を参考にさせて頂き、ポストに明確にチラシ投函禁止の旨掲示して「万一投函した場合は料金着払いにて返送します。その際の差出人はチラシに記載の企業と致します」と表示しました。その後、投函は激減したのですが、ある不動産業者とピザ屋だけは投函を止めません。
        よって警告文通りに宅配便着払いで返送致しました。
        ところが、ある日突然いつも宅配便を出しているコンビニで着払いでチラシを返送しようと荷物を持ち込むと店員より「差出人と配達先が同じ場合は本人確認が必要です。この会社の社員証等お持ちですか?」と言われてしまいました。過去にその様な事を言われた事は無かったので「今までそんな事言われた事一度もないけど?規則が変わったの?社員証なんて持ってないからダメなら他に行くけど?」と言うと「本部に確認しますので少しだけお待ち下さい」と云われ店内で数分待っていました。すると店頭にパトカーが止まり警察官が店内に入って来て「宅配便の会社から送り状の虚偽記載による配達料金未収納で被害届が出ています。警察で話を聞かせて下さい」との事でした。どうやら、不動産会社が受け取り拒否をしたようです。しかし配達先も発送先もその不動産屋になっているので運送会社はどこからも料金を取る事が出来ずに警察に被害届を出したとの事でした。
        コンビニの防犯カメラから私の事がすでに特定されていて、コンビニの店員には私が来店したらすぐに警察に通報する様にと指示されていた様です。
        こちらとしてはやましい事は何もないので警察ですべての事情を話したのですが、事前掲示していようと送り状に故意で虚偽記載する事は違法だそうです。更に受取拒否をした不動産会社の顧問弁護士名で勝手に会社名を使われナントカを妨害されたとかで内容証明が送られてきました。
        警察官の話では宅配便会社は当管理組合で宅配料金3件分(千数百円というわずかな金額ですが)を払えば被害届は取り下げるとこ事でしたが、それではそうしても納得できません。このまま当方が料金を支払わなければ正式に起訴されて刑事裁判になるそうです。知り合いの弁護士にも相談したのですが、「投函したら着払いで送り返す。その際の差出人はチラシ記載の企業とする」いくら事前掲示しても送り状の虚実記載という事の免責にはならないそうです。起訴されたら100%有罪になるので宅配料金を払って示談するのが一番」と云われました。
        何か良いお知恵はないでしょうか?

        • うえ@管理人 より:

          損害賠償されました様、こんばんは。
          この度は大変有益な情報を有難うございました。
          【送り状の差出人欄への虚偽記載は違法】
          ↑これは同じ問題で悩まれている方にとって有益なナレッジになると存じます。

          まずは…ご理解頂けているとは思われますが、
          「着払いによる返送」は、当記事にコメントを下さった方が実践されている方法であり、
          当マンションの対応でも、当ブログでの方針でもございません。
          私はむしろ、これを迷惑行為であると考えております事は、
          メッセージ履歴からも容易にご理解頂けるかと存じます。

          さて、この度は本当にお疲れ様でした。
          ご心情はとても理解できます…
          その上でのご提案となりますが、ここはご自身の納得よりも、
          今後大きく損失するであろう時間・労力・そして裁判費用などを勘案して、
          お知り合いの弁護士様の提案通り、示談に応じるべきでは…と思いました。
          こんな所に貴重な労力をかけるのは勿体ないですよ。

          相手側に法的な制裁を加えたいのであったとしても、
          まずは上記を一旦手打ちにして、後日 正式に争わるべきとか…

          私向けの投稿でないとも思いましたが、書かせて頂きました。m(__)m

          • 損害賠償請求されました より:

            うえ@管理人様

            今回はうえ@管理人様のアドバイスに従い、当管理組合で送料を負担して示談する事になりました。
            お忙しい中ご助言頂きまして誠にありがとうございました。

  8. みらい より:

    管理人様
    掲示の許可をいただきありがとうございます。
    さっそくですがB4の用紙に印刷・ラミネートを施して
    目立つ場所に掲載させて頂こうと思います。
    また効果等含めてご連絡させて頂きます。

  9. うえ@管理人 より:

    >もぐりん様
    お気持ち、目的共に凄~~~~く理解できるんです!(T-T)
    ただ、依頼主欄に偽りの情報を記載する行為、
    これは虚偽記載によって相手側は正しい判断を行えなくなり、
    受け取る事で少なからず損失になる訳ですから、
    トリガはどうあったとしても、やはり迷惑行為です。
    事の成行きによっては宅配業者さんにもコストがかかっちゃいますね。
    繰り返しますが、お気持ちは本当に理解できるのですが、
    論理展開にも無理があると感じています。
    根拠や考察等もございますが、
    これ以上はどうか、ご容赦頂ければ幸いです。m(__)m

    >みらい様
    こちらこそ有難うございます。
    本当、少ない労力で もっと効果的な方法があれば良いんですけれどね…
    実は今日も投函されちゃいましたが、こういったトラッキングを重ねて、
    改善していければと思っています。^^;

  10. ねこ より:

    チラシ屋からのアドバイス。
    ポスティング業者が怖いのは警察と広告主です。
    「チラシお断り!」とか「固く禁じます」というのは残念ながら見ません。

    なので、いちばん大きな文字で
    「チラシを投函した場合、警察に通報したうえ広告主に苦情を入れます。」
    というのを貼ると効果が一番高いですよ(^^)

  11. ポスティングは迷惑です より:

    管理人様こんにちは、
    当方もポスティングには日々迷惑を受けてます(パル○○等)
    何とか無くならないかと思い調べたのですが、

    2009年11月30日の最高裁判所判例では、アンケート用紙の配布
    のためマンションの共用通路へ立ち入った行為が住居侵入罪にいう
    「正当な理由がない」ことから、住居侵入罪の有罪判決が確定して
    ます。
    ポスティングのためにマンションの共用通路へ立ち入った行為も該
    当しませんか?
    これに該当すれば、警察に相談もし易くなりませんか?

    詳細は事件番号 平成20年(あ)第13号で検索すれば分かります

  12. うえ@管理人 より:

    ねこ様>
    有難うございます。
    「チラシお断り!」を無視されたケースの対応が、
    広告主への苦情なのですが、
    やっぱり ちゃんと書かないとチラシ屋レベルの人達には通じませんよね。
    仰る通りだと思います。^^

    ポスティングは迷惑です様>
    確かに、チラシ投函を断る旨の意思表示をしているにも関わらず、
    チラシ配布の為に敷地内に入る → 住居侵入罪に該当しそうですね。
    でも、現行犯を捕まえるのはリスクありますが、
    相談はしやすいですよね。仰る通りだと思います。

  13. uitarou1125 より:

    初めまして。
    まさに目から鱗のステッカーです。
    私は自主管理のマンションの管理組合理事長なのですが、ポスティング・チラシの無断投函に辟易しておりました。
    当マンションでもこのステッカーを使わせて頂いてよろしいでしょうか?。

    • うえ@管理人 より:

      uitarou1125さま
      もちろんですよ~。
      同時に「事業者への警告&回収要求メール」を行われると良いかと存じます。
      宜しくお願い申し上げます。

  14. とくめい より:

    私はチラシが投函される度に、投函を止めていただくように連絡を入れております。それだけで激減するのですが、無くなりはしませんね。あと、その過程で郵便局がポスティングサービスを行っていることを知りました。もちろんサービスの一環だと思いますが、何か腑に落ちない感じがしました。

  15. うえ@管理人 より:

    とくめい様、こんばんは~。
    郵便局がそんなサービスを… でも、同様に連絡すればスグに止めてくれそうですよね。

  16. 通りすがり より:

    郵便局もチラシ(宛名の無い無差別郵便物?)みたいの配ってますよ。
    多分、↓これです。
    https://www.post.japanpost.jp/service/discount/townmail.html

    配っていた郵便局員に聞いた話では、所謂チラシではなく企業から料金貰って指定地区の全戸に配達する郵便物らしいです。チラシじゃないから拒否もできないらしいです。

    郵政省も金を貰ってポストにゴミを配達とか酷い話ですよね…。

    • 元ポスティング より:

      郵便局が配布しているのは、タウンメールと呼ばれる、
      マンションの販売やら、パチンコの新装開店やらのチラシです。

      わたしは以前ポスティングの会社でアルバイトしていましたが、配布している人間をみつけて苦情をいったところで意味はありません。
      注意された場合「どこどこのマンションで注意をうけた」とクライアントには報告をしています。しかしクライアントは無反応。
      結局自分ないし、別の人間がおなじマンションに毎週のように通うことになります。
      また配布員の中には、素性がヤバイ一日限りのバイトなんかもいることがあるようです。
      そういった輩が注意された住人に復讐をしたという話も度々きいたことがありますし、なにより注意した時点で、あなたの顔と住まいが、ポスティングの人間に明るみとなってしまった・・・・という危険性を考えたほうがいいと思われます。
      ポスティングのバイトの中には、本当に変なやつがいますから

      安全にポスティングを辞めさせたいのであれば、チラシの企業に直接TELをして、苦情をいうことが正解です。
      雇っているアルバイトに注意をしても、クライアントは知らん顔ですが、直接苦情をいわれると、即座に対応します。
      「○○というマンションには配布しないでくれ」と、ポスティング会社に通達があります。

      にもかかわらずまたチラシが入っていたとするなら、それはポスティングのバイトがやらかした事故です。
      再度、チラシの主に「こないだ注意したのにまた入ってんぞ!」と苦情を言いましょう。
      クライアントから、ポスティングのバイトに雷がおちます

      • うえ@管理人 より:

        有難うございます。
        配布員の方にリテラシーを期待するのは無理なのと、まずは直接対峙するようなリスクを避けるために ステッカー貼付 → 次に広告主に通知&引き取らせる事で、再発防止をお勧めしている~というのが当記事の意図…というかサマリですね。

  17. うえ@管理人 より:

    通りすがりさん、こんばんは&有難うございます。
    早速サービスを拝見すると…おおっ、1通あたり23円も取るのですね。(集合住宅なら楽な商売)
    確かに酷い…でも、配達の「ついで」に出来る良い商売ですよね。って、褒めてる場合じゃないですね。^^;

  18. […]  sonna-ki.lovesick.jp 迷惑なチラシ投函(ポスティング)拒否方法。 | 通販日記。http://sonna-ki.lovesick.jp/others/posting/元々は迷惑チラシの投函被害にあう友人の為に考えたアイデアですが […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ