ロットリング トリオペン ボールペン黒&赤 + シャープペンシル 精巧さがイイ。

このペンを購入した直後に思ったこと、それは私の購買行動が相変わらず衝動的である事です。もうね、お客様の前でプラスチック製の安い(とは言っても抜群に使いやすいジェットストリームボールペン)を使うのが急に嫌になっちゃったんですよ。

なので重厚感のある高級ボールペンを以下の条件で探しに探し…

 ・ジェットストリーム替え芯が使える事(4C規格)
 ・シャープなデザインである事(ずんぐり形状は嫌)
 ・見た目にも高級感がある事
 ・ボールペンは黒&赤だけで良い(太い軸は嫌)

辿り着いたのがロットリングトリオペンです。

ロットリング(Rotring)トリオペン
ロットリング(Rotring)トリオペン

ロットリングとは?
ロットリング(Rotring)とはドイツの老舗筆記具メーカーで、正確な長い線が引ける事から、製図用のペンでは多くのファンを持っています。

私とロットリングとの出会いは…今から30年前のことでした。お金が無かった学生時代に住んでいた四畳半一間@風呂なし貧乏アパートの向かいに住んでいたデザイン科の学生さんがロットリングの製図ペンを持っていて、その精巧な作りと使い心地に憧れたものでした。

早速、芯をジェットストリームに入れ替えて試し書きしてみました。(その方法はこちら

ロットリング(Rotring)トリオペン

このテのボールペンは重心がクリップ側に寄っているモデルが多いのでうが、ロットリング トリオペンばバランス&真鍮の重さも心地よく良い感じで、インクもジェットストリームなので何ら問題なしです。

使いたいペンのマークを上にしてノックする~という動作にもスグに慣れました。スクリュー式だとペン先を出すのに両手が必要ですが、これは片手でイケます。

ボディの色は黒、シルバーがあるのですが、真鍮の塗装耐久性を考慮して後者にしましあ。シンプルなデザインがとても気に入っております。

名入れもできるので入学祝い/就職祝い等のプレゼントにも最適です。

ロットリング トリオペン 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


今が旬 栃木県生まれの赤梨 にっこり 大玉が美味い!

和梨の季節到来ですね。

スーパー等の店頭ではいろいろな種類の梨が並んでいますが、いかんせんサイズが小さくて美味しそうにも見えないので、今回も食べた経験のない品種の梨をお取り寄せしてみることにしました。

近年になって流通量が増している(と感じる)にっこりという品種です。

栃木県産 にっこり 大玉
栃木県産 にっこり 大玉

にっこりとは?
味が良くて定番の豊水と豊満な新高を掛け合わせてつくられた梨の品種です。
「にっこり」という名前は栃木県の有名観光地である日光と、梨を中国語でリーと呼ぶことから命名されたそうです。

外見的な特徴としてはご覧の通りの大きさで、実は大きいもので1Kgを超え、更に果実が大きいほど、糖度が高い傾向にあるとの事です。

早速頂いてみました。

にっこり 食べてみた

皮を剥く時から感じていたのですが、まずは果汁の量が凄いですね。朝に感じる喉の渇きも、にっこり1/4くらいで癒されちゃいそうなレベルです。

そして糖度、甘みも強いですね~。酸味は殆ど感じられれなくて美味しいです。これでもう少し香気が強ければ完璧じゃないですかね。

今がまさに旬なにっこり。冷暗所であれば12月も食べられるので この機会に大玉を是非どうぞ。

にっこり梨 大玉 お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


[ハロウィン] イエローパンプキン 坊ちゃんかぼちゃプリン 見た目優先のスイーツ。

北海道産の小玉かぼちゃ(坊ちゃんかぼちゃ)を丸ごとくり抜いて、その実をベースに作ったパンプキンプリンを詰めて焼き上げた!というビジュアルとしてもハロウィン向けと思われるスイーツを購入してみました。

何でも「いきなり黄金伝説」「スッキリ!!」等、メディアへの露出も多いそうです。真空パックの冷凍便で届いたかぼちゃプリンを冷蔵庫でゆっくり自然解凍してみました。

イエローパンプキン 坊ちゃんかぼちゃプリン
イエローパンプキン 坊ちゃんかぼちゃプリン

カットしてみますとプリンがぎっしり。かぼちゃ自体は小玉ではありますが、確かにこれはインパクトありますね。

添付のカラメルを垂らして頂いてみました。

イエローパンプキン 坊ちゃんかぼちゃプリン

控えめで素朴、優しい甘さで美味しいです。

が、残念なのはプリンの部分ですかね…滑らかさがなく、かぼちゃの実と似たような味付けなのです。故に全体的な味は甘めに煮た南瓜そのものでプリンが全然活かされてないように感じました。

これなら普通のカスタードプリンを合せた方が全然良いと思いました。見た目には面白いのですが、味にセンスがないので贈り物には不向きかな?リピートもなしです。

坊ちゃんかぼちゃプリン お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


[フッ素入り海外仕様] リステリン ヘルシーホワイト ホワイトニング効果に期待!

歯科検診に行ってきました。

約6年ぶりの歯医者さんだったので色々と言われてしまうだろうな…とは思っていたのですが、特に虫歯もなく、歯石も殆どなく、歯周病にもなっていなかったのは 日本では売られていないフッ素配合のリステリントータルケアと、朝だけ使っているソニッケアーのお蔭だと思います。(それぞれ過去の記事へ)

ただ、自覚していた通り磨き残しによるコーヒー等による着色汚れがあるようで、粉と水流によるクリーニング 超音波スケーラー(これ音が嫌なんですよねぇ) ハイドロキシアパタイトの散布で綺麗にして頂けました。^^

そこで、どうせなら今の良い状態を長くキープしたい&できれば今以上に歯を白くしたい!という事でスーパースマイル歯磨き粉(過去の記事へ)と同時に使い始めたのがこちら、リステリン ヘルシーホワイトです。

海外版 フッ素配合リステリン ヘルシーホワイト
海外版 フッ素配合リステリン ヘルシーホワイト

リステリン ヘルシーホワイトとは?
従来のリステリンと違い、歯のホワイトニング効果が期待できるマウスウォッシュ(洗口液)です。
これを1日2回、2週間継続して使用することで、より白い歯へと導いてくれます。

また、例のように日本版には含まれないフッ素が配合されているので、強力な虫歯予防効果が期待できるのも嬉しいですね。

早速、使ってみました。

フッ素配合リステリン ヘルシーホワイト 使ってみた

口に含んで最初に感じるのが、フッ素配合のリステリントータルケアと比較して刺激が少ないこと。含まれるアルコール量が少ないのだと思われますが、この所為で口が渇く~という方にも良いと思います。

フレーバーは柑橘の爽やか系です。
色は無色透明なのでリステリン自体が歯に着色してしまう心配も無く、ホワイトニング効果も良い感じでございます。

スーパースマイルと一緒に是非どうぞ。

[フッ素入り海外仕様] リステリン ヘルシーホワイト 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細 を使ってみた。

皆様はどんな歯ブラシをお使いでしょうか?
私は虫歯よりも どちらかと言えば歯周病ケアに重きを置きたい~という思いから、かれこれ数年間 デンターシステマのシステマハブラシのみを愛用してきました。

歯周病菌が増殖しやすい歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)をケアするのにシステマハブラシの超極細毛はとても理にかなっていて使いやすいのですが、不満な点が一つ…それは商品ラインナップが「ふつう」「やわらかめ」のみで「かため」が無くなってしまった事です。これ、以前はあったのに凄く残念。

という訳で、システマのように先細で毛が固いタイプの歯ブラシを探しに探して見つけたのがこちら、歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細です。

歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細
歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細

歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細…長いようですが、これで商品名なのです。

これは歯ブラシを専門に作る株式会社タナベによる、細部にまでこだわった歯ブラシです。日本製なのに値段は1本あたり100円程度という安さに「大丈夫かな?」という軽い不安を抱きつつ使ってみました。

歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細 拡大画像

グリップはホテルアメニティの安っぽい歯ブラシを思わせる作りではありますが、薄くて持ちやすく、歯や歯茎に過度な圧力がかからない形状なのかな?
そして毛の硬さ = ふつう なのですが、システマと比較するとだいぶ固く感じます。

毛はそこそこ固い極細タイプ。長い毛と短い毛が1列ずぐ交互に配置されているので、歯周ポケットにも良く入る上に歯の表面も良く磨けます。ちょっとした着色汚れなら あっさり落としてくれます。

ヘッドも小さいので奥歯も楽に磨けます。ちなみに、これよりも更にヘッド先端が細い「奥歯まで」という商品ラインナップもありますがが、これで充分のような気がします。

歯医者さんでも勧められている安くて高品質な歯ブラシ。一度お試しください。

歯ブラシ職人 田辺重吉考案 磨きやすい歯ブラシ 先細 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ