Windows2000 = 使ってはイケナイOSに。

2010年7月13日(米国時間)でマイクロソフトによるWindows 2000のサポートが終了した訳なのですが、今も現役でWindows2000を搭載したパソコンを使い続けている方は多いみたいですね。

って、そりゃそうですよね?別にパソコン自体が使えなくなる訳じゃないですし、新しいOS(Windows等の基本ソフトの事です)を導入するのにも費用と時間がかかりますから。

かと言って、今後もWindows2000を使い続ける事は非常に危険であるばかりか、仮にそれがインターネットに接続されているパソコンなら「今後は使ってはイケません」と言い切っても良いくらいです。

今回は「その理由」と「では、どうすれば良いか?」について記述したいと思います。

【Windows2000のサポートが終了すると、どうなるの?】
マイクロソフトから「セキュリティパッチ(修正パッチ)」が提供されなくなるんです。
↓↓↓ すると? ↓↓↓
Windows2000にセキュリティホール(欠陥)が見つかっても、何の対策もされません。
↓↓↓ すると? ↓↓↓
お使いのWindows2000が欠陥だらけの状態になります。
↓↓↓ すると? ↓↓↓
悪意あるユーザやプログラムによって不正にパソコンを操作されたり、
コンピュータウィルスに感染しやすくなります。
↓↓↓ すると? ↓↓↓
インターネットを介して、その脅威を他のパソコンに広める媒介者となる危険性があります。

つまり、意図せずとも他のユーザーに迷惑をかけてしまう可能性があるのです。
(これはウィルス対策ソフトのバージョンには全く無関係です。)

という事で「Windows2000が搭載されたパソコンは世の中に存在しない方が良い」という結論に達してしまいますが、これは決して大げさなお話ではなく、実際にこういった「弱点」を外部に晒してしまった事で企業活動全体に影響を及ぼしてしまった会社もあるのです。

【Windows2000を使っている私はどうしたら良いの?】
結論としては「現在もサポートされているOSに入れ替える」以外にありません。

とは言え、現時点で入手可能なのは最新のWindows7くらいでしょうから、元々Windows2000が現役で動いていたPCに そのままインストール出来る可能性は非常に低いです。

Windows7は1GB以上のメモリを必要とする時点で辛いですよね…という事で、そろそろ買い替えの時期と考えるべきかも知れません。

ソニー バイオ タイプP
Windows7をクリーンインストールしたsony VAIO type p

それほど快適さと高性能さを要求されないのであれば、一般的なノートPCなら下は4万円台からありますので、見た目の好みとか、そんなので選んでも問題ないと思います。

現行モデルの最新パソコン 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ