キーボードカバーでThinkpadのテカリ対策。

IBM(現レノボ)のノートパソコンであるThinkpadと出会ってから早10年が経過しました。
一度ThinkPadシリーズのキーボードとトラックポイント(ポインティングデバイス)に慣れてしまうと、なかなか他メーカー製ノートPCを使う気になれません。
これってきっと、私だけじゃないですよね?

それくらい、ThinkPadシリーズのキーボードは使いやすくて秀逸。私は自宅でも会社でもThinkpadを使っています。(仕事で使うノートPCを探している方にお勧めします。)参考リンク
そんな素晴らしいThinkPadシリーズのキーボードですが、一つだけ不満があります。

それがキーボードのテカリ!とにかくテカりやすいのです。
この場合のテカリとは、キーボード表面に施されたツブツブ加工が指の圧力や脂によって無くなってしまい、まるで脂性の中年男性の額のようにテッカテカになってしまう状態を言います。
これは見た目にも良くないですし、使っていて気分が滅入ります。

会社のPCの場合、ノートPCを前任者から後任者へと引き継ぐシーンも結構あるので、出来れば気持ちよく使ってもらいたいが事後対応で何とか出来るものではなく…
という事で、当面はキーボードカバーを使ってみる事にしました。

ELECOMのキーボードカバーで、PKU-FREEシリーズというフリーカットタイプのキーボードカバーです。

テカリ対策中のThinkpad

以前はズレるし分厚いしで この手のキーボードカバーが好きではなかったのですが、なかなか良い使用感です。

自己吸着タイプのようですね。メーカー側の説明によると「表面もさらっと」と記載されていますが、実際には若干のベタつきがあります。これは使っているうちに何とかなるのかな?感触は柔らかく、良く伸縮します。

ELECOM キーボードカバー

剥離紙には方眼が入っているのでカットも容易、どんなサイズのキーボードにも合いますし、テープで固定すれば電話機のボタン部分やリモコンにも使えそうです。

PKU-FREE
ELECOM キーボードカバー PKU-FREEシリーズ。

とは言え、最近はノートPC用のキーボード(パーツ)も安くなっているので、単品購入可能なものをお使いの方は「テカったらキーボード交換」という潔い選択肢もあるかと思われますが、少なくとも 飲み物をこぼす事へのリスクヘッジにはなると思います。

キーボードカバー PKU-FREE 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ