第2世代になったamazon Fire TV Stick コスパ最強&買い替えの価値アリ!

youtubeやhulu、dTV等の動画をスマホやパソコン等ではなく「TVの大画面で視聴したい!」というニーズから、我が家では今までChromecast(過去の記事へ)を利用しておりました。これには今まで何ら不都合を感じていなかったのですが、amazonプライムへの加入をキッカケに状況が一変しました。

amazonプライム会員になると、amazonプライムの多くの動画が無料で観られるのですが、これが何とChromecastに対応していないのですよ…orz
つまりamazonプライムビデオをChromecastを通じてテレビに映したい場合、パソコンでGoogle Chromeを起動 そこでamazonプライムビデオ再生 Chromecastをデータを送る~といった手間がかかっておりました。

この手間を解消するにはamazonのFire TV Stickを導入すれば良い事は分かっていたのですが、これまでずっと購入を躊躇ってきた理由が、Fire TV Stickのバージョンアップです。

amazon Fire TV Stick(第2世代)
amazon Fire TV Stick(第2世代)

今回、amazonから日本で発売されたFire TV Stickは第2世代と呼ばれるもので、これは本家アメリカでは昨年10月頃から販売開始されていたのですが、日本ではつい この間まで古い第1世代(初代)Fire TV Stickしかリリースされていなかったのです。これは在庫が余ってたからですかね?

第1世代と第2世代の性能差が僅かであれば気にもしなかったのですが、これが比較してみますとCPU性能等が大幅に向上していたので今回の第2世代の発売を待った次第です。

amazon Fire TV Stick(第2世代)接続

設定はとても簡単。

Fire TV StickをACアダプタに接続 TVのHDMI端子に刺す TVの電源を入れてHDMIに切り替える あとは表示される画面の指示に合わせて無線LAN(wifi)に接続するだけです。

早速使ってみました。

amazon Fire TV Stick(第2世代)使ってみた。

まずはリモコンの反応なのですが、ズバリ良いですね。とてもサクサク動きます。前世代のFire TV Stickの挙動はもっさりしていたとの事なので、これは大幅な進化ではないでしょうか?音声リモコンの挙動や動画品質にも何ら問題を感じません。

 ・自宅に高速なインターネット環境がある。
 ・amazonプライム会員でamazonプライムビデオを利用している。
 ・旧世代機を使っているが不満がある。

上記事項に当てはまる方には特におすすめのデバイスでございました。

ちなみにiOSやandroidに対応したfire TVアプリもあり、これをリモコン代わりにする事も可能です。

amazon Fire TV Stick(最新機種)購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ