ソニッケアー フレックスケアープラス 電動歯ブラシおすすめランキング1位の評価。

数年ぶりに歯医者に通い始めました。

歯医者…あまり好きな方はいらっしゃいませんよね?もちろん歯医者さんの人格を否定するものではありませんが、あの歯を削る音と それに伴う苦痛は想像するだけでもゲンナリしてきます。。。

歯磨き粉のCM風に言うなら「虫歯の原因、それは磨き残しがあるからです」となる訳ですが、私の場合はそれよりも虫歯菌(ミュータンス菌)の感染によるものが大きいのでは?と思っています。

念入りに歯磨きしても虫歯になってしまう私。
酒飲んで歯磨きせずに口なんてカパ~っと開いた状態で眠っても虫歯にならない妻。
不公平です。
注:彼女の名誉の為に言っておきますが、毎晩お酒を飲んで酔っ払っている訳ではありません。

まぁそんな事を言っても仕方がないので、良好な口内環境の維持と磨き残しによる虫歯発生リスクを抑えるために、ついに
ソニッケアーの最新機種(歯科専売品)を入手する事にしました。

ソニッケアーと言うと過去のイメージから値段が心配だったのですが、価格.comの最安値や激安ショップと比較しても引けをとらない格安価格で入手できたと思います。(もちろん保証付き)

元々口コミでも評判の良い商品ですが、「過去に使っていて、とても良かった!」妻からの感想が購入の決め手となりました。口コミも参考になりますが、やはり身近な購入者からのリアルな感想は参考になります。

ソニッケアー フレックスケアープラス
ソニッケアー フレックスケアープラス 900プラスシリーズ(HX6993/03)

まず驚いたのが、その細さと静音性です。
私が数年前に東急ハンズで手にしたソニッケアーと言えば、
 ・太くて握りにくい
 ・重い
 ・運転音が大きい

という事で、当時はブラウンのカップ型の電動歯ブラシを選んだ訳ですが、それと比較しても大きさは同等、動作音も小さくなっていました。ここ数年はデンターシステマで手磨きしていたのですが、いつの間にか技術は進歩したんですねぇ。

ソニッケアー
相当に細くなっている事がご確認頂けるかと思われます。

これを相変わらず説明書を読まずに使ってみたのですが、ボタンは2つで それぞれ「電源ボタン」と「モード切替ボタン」で、現在選択しているモードがイルミネーション表示されるようになっています。

使い方…と言うか磨き心地もヘッドを軽く当てるだけなのに歯の表面がツルツルになります。
実感はありませんがフィリップス独自の特許技術(ダイナミッククリーンアクション)で毛先の届きにくい部分にもアプローチしてくれている点も素敵です。

口腔内の上下、裏表を2分ブラッシングすれば充分な効果が得られるので、面倒くさがりな方にもオススメですが、介護シーンでも役立ちそうな感じです。

私のように治療中の歯はもちろんの事、矯正、インプラント、歯周病、知覚過敏、ホワイトニングして歯にも使えるようなので安心ですね。


ソニッケアー フレックスケアープラス 900プラス

私が購入したした商品も購入先もまさに↑ですが、楽天で超音波式の電動歯ブラシを検索すると、ソニッケアー以上の振動回数をうたった商品が下は2000円台という価格でHITします。

激安なので購入を迷いましたが、やはり末永く使うものなので、臨床試験や研究に裏付けられた高い信頼性を持つソニッケアーシリーズの選択をお勧めします。

ソニッケアー お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】

【編集後記】
電動歯ブラシで使う歯磨き粉ですが、ウエルテック ジェルコートFのように研磨剤の入っていないタイプがおすすめです。
同じくお口の専門店で買えますので 同時にどうぞ。


One Response to “ソニッケアー フレックスケアープラス 電動歯ブラシおすすめランキング1位の評価。”

  1. […] デントウェル デンタルリンス(大正製薬)の詳細&通販ページへ 結論から申し上げますと とても良いと思いました。 他のデンタルリンス、例えばリステリンとは比較にならないくらい低刺激ですし、ガムデンタルリンス以上の汚れ落ちを感じます。 キシリトール入りのガムみたいな味ですが、CPC(塩化セチルピリジニウム)とIPMP(イソプロピルメチルフェノール)が強い抗菌効果を発揮してくれて、虫歯菌だけではなくて歯周病菌に対しても効果的だとか。 もっとメジャーになっても良いデンタルリンスは通販でどうぞ。 | このブログのトップに戻る。| 実践! e-shoppers.のトップに戻る。| 編集後記: デントウェルは2006年11月16日に発売開始が発表されました。 現在は電動歯ブラシを併用しています。 参考:ソニッケアーの記事 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ