スタイルマジック 考えられた衣類スチーマー(ハンガースチーマー)

4月の記事でパナソニックの衣類スチーマー NI-FS470-K(ハンガースチーマー その時の記事へ)を紹介したばかりなのに、またスチーマー買ったの?と思われるかも知れませんが、購入した訳ではないのです。

これには理由がありまして… 以前にも書きましたが、パワースチーマー100(過去の記事へ)という、通販生活さんのオリジナルモデルの修理が上手くいかなかった事が何度かありまして「ならば、お詫びも兼ねて今回は修理対応ではなく、代替品を使いませんか?」というオファー頂いたのです。

スタイルマジック 外観

その代替品 = 今回ご紹介するスタイルマジックです。
スタイルマジックの方がお値段高めなので、当然その差額はお支払するつもりでしたが、それも不要という神対応で逆に恐縮…

さて、衣料スチーマーとして大事なのは「洋服のシワを素早く除去すること」であれば、このスタイルマジックは かなり優れた商品だと思われます。

まず、本体サイズが大きいんですよ。とはいえ、女性でも普通に扱える重さ。

スタイルマジック 裏面

2列に並んでいる8つの小穴がご確認頂けるかと思われますが、ココから勢いよくスチームが勢いよく噴射されます。

もちろん このまま使われるのもアリですが、これにワイドスチームアタッチメント(付属品)を装着すると、スチームが当たる幅を2倍以上に広げる事が出来ます。

使い方はパナソニックの衣類スチーマー同様、ハンドル部分の噴射ボタンを押すだけ。

スタイルマジック パナソニックNI-FS470との比較

そして特筆すべきはタンク容量ですかね。

パナソニック NI-FS470と比較してもこのサイズ!なので、毎分10mlのスチームを最長約10分間 出し続ける事が可能です。

軽くまとめますと、パナソニック NI-FS470の弱点でもある
 ・スチーム噴射面積の狭さ
 ・タンク容量の少なさ

これらが一気に解消されていますが、軽さと扱いやすさではパナソニックに分がありますが。

多くの衣類に対して一気にスチームをかけたい!という方には、スタイルマジックが向いているかも知れません。

スタイルマジック 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ