[レビュー]NTT Docomo(ドコモ) Xi(クロッシィ)を都内で使ってみた。

最近になってCMでも見かけるようになった話題のXi(クロッシィ)を使ってみました。

Xi 読み方:クロッシィ

Xiとは?
NTT Docomoの次世代通信サービスのブランド名です。
その特徴は何と言っても超高速通信で、受信時の最大転送速度は何と37.5Mbps !って、こんな数字を見た所でピンとこない方が殆どだと思いますので、ここでは有線LAN(会社で良く使われるネットワーク)と同程度~としておく事にします。
もちろん、この数値はあくまで理論値です。

実際、どの程度の通信速度が実現できるのでしょうか?
早速 これを都内で使ってみる事にしました。

今回のXiでのデータ通信レビューで利用する端末はLGエレクトロニクス製の L-02C という機種です。

端子カバーを折るとUSB端子が出るので、パソコンに繋いで利用します。
ちょっと幅広なのでUSBコネクタの位置によっては、他のデバイスと干渉してしまうので要注意ですな。

基本的には接続するだけでドライバーやら接続ソフトウェアがインストールされるので、初心者の皆様にも使いやすいのではないでしょうか。
OSもWindows XP/Vista/7およびMac OSにも対応しています。(私はXPと7でテスト)

で、実際の接続スピードですが 理論値までは行かないものの、 ADSL並みの通信速度を体感しました。コレは結構速いと思います。youtubeも引っかかる事なく、余裕で再生出来ました。

現時点手は高速通信可能なエリアはまだまだ狭いものの FOMAエリアでも利用可能なので、導入を検討する価値はあるかと思われます。まぁ料金次第ってトコですかね?(料金プランへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ