飛騨路一人旅一日目 飛騨・高山。

名古屋から高山方面へと向かう[ワイドビューひだ]の車窓から渓谷の絶景に見とれる一人の女性。けれど、あいにく彼女の席は通路側。なので…

「席…かわりましょうか?」
「いえいえ!大丈夫です。お気遣い有難うございます。」
「あの、お一人…なんですか?」
「あ…はい。女の一人旅なんですケド、実は傷心旅行なんです。」
「…」
「あ!あたしったら何言ってるんだろう?変な事言ってゴメンなさい!」
「いえいえ!僕なんて傷心に浸る相手すらいませんから。良かったら、少しお話しませんか?」

と、私は一人旅に行くたびに、週末の昼にやっているドラマの1シーンのように弾む会話を脳裏に描くのだけれど、実際にそんなシチュエーションになったケースは一度だってなく、大抵は今回のように電車の中では子供が大声で騒いでいて、それに対して母親が子供以上の大声で

「電車の中では静かにしてなさい!!」

なんて、理不尽な怒号が飛び交っていたりするものである。

それはさておき、今回の旅のテーマは「グルメと地酒」。
中でも飛騨高山の飛騨牛は何としてもA-5クラスの最上級を味わいたい。A-5クラス…それは飛騨牛の中でもトップクラスの肉質を誇る、飛騨牛ピラミッドの頂点に君臨するもので、会社組織に例えるならば役員クラスの牛肉である。

飛騨牛のステーキ

口の中の低い温度でとろける上質な霜降り肉の脂、その甘味は確かに美味い。けれど、元々脂の少ない赤肉が好みなのは欧米人も私も同じで、一度に多くの油を摂った所為か、すっかり気持ち悪くなってしまったのである。

肉も会社でのランクも、私には中くらいがお似合いなのだろうか?

関連性は無いながらも、妙に納得してしまう自分が悲しい。つ、次は酒飲もう…

国が重要伝統的建造物群保存地区として指定した「古い町並み」には、出格子の連なる軒下に用水が流れ、杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がる老舗の造り酒屋が軒を連ねていて、そこでは試飲は勿論の事、枡酒も手ごろな値段で楽しめるのだ。

古い町並み

テーブルに置かれた塩をなめながら頂くご当地の日本酒は、旅情をより味わい深いものにするのに最適なアイテムなのである。

そしてホテルでの晩酌用にと買ったカップ酒を片手に、飛騨牛の串焼きに舌鼓を打つ。これは東京では出来ない事の一つだ。

「いやぁ~、旨いもんですなぁ♪」

と、意味なく平泉成のモノマネをしながら(酔っ払いの行動に意味なんて無いのである)、トローンとした目つきでフラフラと宿へと戻る(酔っ払いの基本)、そんな飛騨路の一日目でした。

高山グリーンホテル オンライン予約と飛騨の地酒情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


2 Responses to “飛騨路一人旅一日目 飛騨・高山。”

  1. […] 飛騨高山、下呂温泉、修善寺、蓼科、蔵王等(いずれも過去記事へのリンクです)、今まで色々な場所への旅を楽しんできましたが、共通して思い出深かったのが地ビールとの出会いです。 普段とは違う新鮮な環境の中で味わう個性的な地ビールは美味しくても、仮にそうでなくても、飲んでいて楽しい気分になるもので「本当、ビール好きで良かったぁ♪」と思います。 こんな感じで地ビールの魅力を知ってしまうと、次は「滅多に行けない場所の地ビールを味わってみたい!」となります。← 私だけ? 例えば↓の網走ビール 流氷ドラフト。網走なんて 東京からはナカナカ気軽に行ける場所でもありませんし、日本テレビ系列の番組で紹介されてから ずっと気になっていたビールです。 実際の色は明るく透明感のあるブルーです。(オホーツクブルーと呼ぶとか) […]

  2. […] 7年ぶりに飛騨高山に行ってきました!(前回の様子) 高山はこれまでに出かけた観光地の中で最も好きな場所の一つなんです。私は海の幸より山の幸が好きなのと、何と言ってもお酒 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ