YUTORIAN修善寺ホテル格安温泉宿泊レポート。

7月の3連休を利用して修善寺温泉に行ってきました。
踊り子号なら東京駅からでも約2時間、余裕で日帰りできる温泉ではあるのですが、せっかくなのでのんびり優雅に過ごすことにしました。

修善寺は仲間と熱海からのドライブがてらに何度も温泉目当てに立ち寄りましたが、歓楽的な雰囲気じゃない所が良いんですよね。

足湯にのんびり浸かった後は桂川のせせらぎをバックに竹林の小径の散歩を楽しみながら、今回の宿泊地であるYUTORIAN修善寺ホテルに向かいました。

YUTORIAN修善寺ホテル 館内の様子
2F部分から撮影した館内の様子。

歴史あるホテルですがバリ風にリニューアルされた館内はアジアンテイスト満載で雰囲気も上々、卓球スペースまでもがバリっぽい?雰囲気でした。

お風呂(後述)で軽く汗を流した後は夕食です。

夕食 これにデザートやご飯等がつきます
夕食メニュー

夕食もバリ風なのかな?と思っていたのですが、いわゆる創作和食でした。

味はどれも本格的で予想を上回る美味しさでした。量も多すぎないのが良いですね。一般的な「旅館食」にはガッカリさせられる事が多いのですが、ココは口コミ通りでした。

YUTORIAN修善寺ホテル 岩窟風呂
岩窟風呂。この他に趣向の異なる2種類の風呂があります。

そして↑がもっとも楽しみにしていた岩窟風呂です。
岩窟風呂という名前の由来は、修善寺の温泉に惚れ込んだ先代社長がドリル一本でコツコツと彫り上げたもで、その姿を見た倉本聰氏が「まるで巌窟王のようだ」と言った事からその名が付いたそうです。

弱アルカリ性の泉質はとても柔らかで肌もすべすべになります。
ちなみに岩窟風呂だけは19:30までが女性専用、それ以降は混浴…まぁ事実上は男性用となりますのでご注意を。

YUTORIAN修善寺ホテルの客室(ツイン)

館内にはヒーリングサロンも併設されていて、とても癒されちゃいました。明日からの仕事復帰が嫌になるくらい…

紅葉シーズンの再来を誓う、我々夫婦でありました。

YUTORIAN修善寺ホテル オンライン予約サイト情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ

参考:楽天マップ


2 Responses to “YUTORIAN修善寺ホテル格安温泉宿泊レポート。”

  1. […] 飛騨高山、下呂温泉、修善寺、蓼科、蔵王等(いずれも過去記事へのリンクです)、今まで色々な場所への旅を楽しんできましたが、共通して思い出深かったのが地ビールとの出会いです。 普段とは違う新鮮な環境の中で味わう個性的な地ビールは美味しくても、仮にそうでなくても、飲んでいて楽しい気分になるもので「本当、ビール好きで良かったぁ♪」と思います。 こんな感じで地ビールの魅力を知ってしまうと、次は「滅多に行けない場所の地ビールを味わってみたい!」となります。← 私だけ? 例えば↓の網走ビール 流氷ドラフト。網走なんて 東京からはナカナカ気軽に行ける場所でもありませんし、日本テレビ系列の番組で紹介されてから ずっと気になっていたビールです。 実際の色は明るく透明感のあるブルーです。(オホーツクブルーと呼ぶとか) […]

  2. […] 前回のブログでご紹介したYUTORIAN修善寺ホテルに向かう前に通りかかった酒屋さんの前で「八海山泉ビール」という見慣れなりのぼり数本を発見しました。 「これって…修善寺の地ビールかな?」 「どうなんだろうね?名前を見ると新潟っぽいケド…」 「でも、どこかの地ビールって事は間違いないよね?」 「そだね。お風呂上り用に買って帰ろう♪」 という事で、ビール好きの我々夫婦は照明が消された薄暗い酒屋さんの冷蔵庫から八海山谷ビール(中瓶)を2本取り出して会計を頼んだのですが、お店の方から予想だにしない一言を聞きました。 「2本で1900円になります。」 「!!!!!」 ビ、ビール1本1000円弱?いくら何でも高すぎでしょうよ!?それなら1本は一番搾りにするってば!と、心の中では思ったものの…「基本、ええ恰好しぃ」の我々は何事もなかったように1000円札2枚を手渡した訳でございます。高くてもそれなりに美味しければ良いですものね♪ という事で、飲んでみました。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ