台湾 台北旅行記 2泊3日 気軽な台北散策。

2泊3日で台湾(台北)旅行に行ってきました。
今回もHISのパッケージを利用したのですが、同じ飛行機には40人ものツアー客がいらっしゃいました。若い女性がとても多かった印象です。

さてさて、この日程の中で自由に動けるのは正味 1日半程度なので、有名ながらもさほど興味が湧かない龍山寺、忠烈祠、国立故宮博物院~といった名所はスルーさせて頂いて、本当に行きたかったスポットだけを巡ってみました。

【行天宮 占い横丁】
1日に多い時で2万人以上の参拝者が訪れる人気の高い寺院である行天宮…近くの交差点脇に、どう見ても地下鉄の入り口にしか見えない階段を降りた所に占い横丁が存在します。

台湾 行天宮 占い横丁

ご覧の通り、一面に1坪程の占いスペースが軒を連ね、決して流暢とは言えませんが 日本語対応の占い師さんも何人かいらっしゃいます。

占い師「アナタに向いてる職業ね、金融、教師、旅行、接客、職人…」
 妻 「私、デザイナーなんですが、向いてますかね?」
占い師「そう!デジャイナーよ、デジャイナー。向いてる。私、それ言おう思てた。」

と、まるで次長課長のネタかと思えるようなやりとりもありましたが、過去の出来事なんかも的中していたり、将来に関する指南もあったりで 有意義な体験だったと思います。

【士林夜市】
食料品や衣料品、雑貨や遊戯といった屋台が所狭しと立ち並ぶ、地区最大の観光夜市です。

台湾 士林夜市 夜市地下美食街

胡椒餅 台湾 マンゴーかき氷


とは言っても地元の方で賑わう夜市のB級グルメは美味しいです!
ちなみに参考価格はワンタンメンで60元(NTD)、日本円で160円程度と激安でした。

マンゴーかき氷サイコー♪

【九フン】
今回の旅程の中で最も楽しみにしていたのが、宮崎 駿作品「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所として有名です。

九フン 入口付近

九フン 千と千尋の神隠しモデル 湯婆婆の館 九フン


九フンは少々アクセスし難い場所にあるので、今回はオプショナルツアーで行ったのですが…いやはや 週末なだけあって階段を埋め尽くす凄い人・人・人で、その殆どが我々のような日本からの観光客でした。

それでもノスタルジックな風情を存分に堪能できました。
今回はナイトツアーでしたが、昼の九フンも散策してみたいです。

【蘇杭の小龍包】
台湾に来たら絶品 小龍包を食わね~と!という事で、TV東京系の番組「海外行くならこーでね~と」で凄腕ガイドの矢作さんが絶賛していた蘇杭(中文読み:スーハン)に行ってきました。

蘇杭 小龍包

小龍包 蘇杭 台湾


まず感じたのは しっかりしつつも薄~い「皮」ですかね。
餡は本格中華らしい肉団子系で、肉汁が合わさったスープがたっぷり入っていて、鼻に抜ける香りも芳醇ですが、もう少し しっかりした味付けでも良いかな?と思いました。

でも間違いなく美味しい小龍包でした。
これを食べて思ったのが、日本で食べる小龍包もなかなかにハイレベルなんだな~という事。日本の小龍包って、日本人の舌に合ってるんでしょうね。

いや~、短いなからも充実した台湾旅行でした。
普通の週末に1日だけ休暇を取得するだけで渡航できるという気軽さ&手軽さが良いですよね。

街の雰囲気とエネルギッシュさは香港にも似ていますが、香港よりも大人しくて、どこかしら洗練された雰囲気を感じる台湾。

東日本大震災後でとても多くのキモチを寄せて下さった台湾の方々への恩返しがてらに、また是非とも渡航しようと思いました。^^

参考:タイ バンコク旅行に用意したいグッズ、その他の情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ