究極の疲労回復系サプリメント L-Carnosine(Lカルノシン)500mg イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)サプリより効果アリ!

長い階段を登っている際に抱く、足に蓄積された疲労感。
この状態を指して「あ~乳酸溜まったねぇ!」なんて言いながら太ももをモミモミしていたのですが、乳酸は疲労の原因物質でないことは 随分と前に証明されていたのですね…おじさん全く知りませんでしたよ。

という事は、広く言われている「乳酸除去にはクエン酸が有効!」という説も否定される訳で、疲れた週末に飲むお疲れクエン酸サワーも単なる酸っぱい酎ハイであって、疲労回復には寄与しない事になります。

疲れたサラリーマン

では疲労を起こす原因は何なのか?
これが活性酸素による酸化ストレスなのだそうです。

この酸化ストレスを軽減する最も良い方法が質の良い睡眠と、抗疲労効果があることが判明しているイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)を含む食品の摂取です。
これが鶏の胸肉に多く含まれるのは疲労回復をテーマにしたテレビ番組等でも良く言われているので有名ですよね。

では何でイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)のサンプリメントではなく、L-Carnosine(Lカルノシン)というサプリメントをこの記事で紹介するのか?と言いますと、明確なメリットを感じられたからです。

NowFoods社 L-Carnosine(Lカルノシン)500mg
NowFoods社 L-Carnosine(Lカルノシン)500mg

ちなみに、Lカルノシンもイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)も無関係な訳であありません。wikipediaによると「イミダペプチド」はカルノシンとアンセリンという二つのアミノ酸による結合物質で抗酸化力があり~と書かれています。

NowFoods社のL-Carnosine(Lカルノシン)500mgに出会う前は、DHCのイミダゾールペプチドを摂取しておりました。お値段は共に3500円なのですが、DHCが1か月分なのに対し NowFoods社のL-Carnosine(Lカルノシン)は何と100錠 = 3か月分以上!コスト面では圧勝で、成分面も申し分ないものだと思いました。

そして、サプリメントに効果という言い方は適切ではないかも知れませんが、このL-Carnosine(Lカルノシン)は、タウリンといった これまで使ってきた疲労回復系サプリメントの中では最も効果を感じました。プラシーボ効果の可能性も否定しませんが。(笑)

NowFoods社 L-Carnosine(Lカルノシン)500mg

普段であれば土日で回復した体力は月曜日から削られはじめた疲れは木曜日にピークを迎え、金曜日は気力とテンションで乗り切る~みたいな感じだったのですが、明らかに疲れが蓄積されにくくなりました。

お疲れの社畜…いや、ビジネスマンの皆様ばかりか、疲れやすい40オーバー以上の方々におすすめです。認知症予防の働きも期待できるそうですよ。

ちなみにL-Carnosine(Lカルノシン)を飲むタイミングですが、個人的にはの方が良いと感じました。繰り返しとなりますが、これが効果を発揮するのは質の良い睡眠が前提となりますので、ちゃんと寝るようにしましょうね~。

L-Carnosine(Lカルノシン)簡単個人輸入サイト・国内購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ