今さらBluetoothスピーカーを購入 BOSEかJBLか?JBL FLIP3に決定!FLIP4との違いは?

私が中学生の頃、趣味の王道と言えばオーディオでした。

時代はちょうど家庭用のCD-ROMプレーヤーが低価格で出回りはじめ、メディアのトレンドがアナログレコードからCD-ROMに変化し始めた頃でしょうか。愛読書はFMレコパル&サウンドレコパル、そしてFMステーション。(笑)

大きなスピーカーの下にはホームセンターで買ったコンクリートブロックを敷いて、エアチェックに余念がなかったのを思い出します。懐かしいなぁ…って、それはさておき。^^;

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー
JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー

最近は奥さんがスマホのスピーカーで音楽を楽しむ機会が増えたので、遅ればせながらBluetoothスピーカーを購入することにしました。

Bluetoothスピーカーはそれこそ色々なメーカーから出ており価格もまちまちですが、ここではスピーカーの名門 JBLFLIPシリーズにしました。JBLは中学生時代の憧れだったのです。

私の中でのJBLは豊かな低温が売りのバスレフ型、若しくはパッシブラジエーター型(この辺はスルーして下さい)で、低温を活かすための大きめのエンクロージャー(筐体)が特徴でした。

それが今では こんな小さなボディのスピーカーを世に送り出していたとは…これも時代の流れですかね。

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー

私にとって初めてのBluetoothスピーカーでしたが、iPhoneやiPadへの接続設定はとても簡単でした。

 1.電源ボタンON
 2.Bluetoothボタンを押す
 3.iPhoneであれば設定 → Bluetooth → ON
 4.接続可能デバイスからJBL FLIP 3を選択

たったこれだけ。

電源を入れた際の起動音(けっこう大きい)は不要かと思いますが、まぁ良いか。

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー パッシブラジエーター

本体の大きさは500mlのビール缶と同じくらい~にも関わらずとても豊かな低音域なのは、両サイドについたパッシブラジエーターのお陰ですかね?とても元気の良い音♪

そこそこ音量を上げても煩く感じず、音割れも気にならない点に技術革新を感じます。

ちなみにJBL FLIPには現行で幾つかのラインナップがあり、大きな違いは以下の通りです。

■FLIP3
・バッテリ持続10時間
・IPX5防水(生活防水レベル)

■FLIP4
・バッテリ持続12時間
・IPX7防水(水没にも対応)

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー

高音質な上に前述の通り生活防水対応なので、浴室でシャワーを浴びながら音楽やニュースを聞いたりできるのが良いですね。海外旅行の際にプールサイドや海辺で使ったら便利かも?

スマホやタブレットのスピーカーとして最適な1台だと思いました。

JBL Bluetoothスピーカー FLIPシリーズ 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ