フィリピン マニラで買って良いと思ったお土産紹介!(ばらまき土産 in スーパーマーケット)

買い物メインでマニラ内を動き回った我々でありますが、実際に買ったのはスーパーマーケットで見つけたモノばかり~と言うことで、私がマニラで購入した商品の評価を備忘録がてらにご紹介したいと思います。まずはド定番のこちらから。

スペイン生まれのローカルスイーツ ポルボロン(Polvoron)

元々はスペインで生まれたポルボロンがフィリピンに根付いたのはスペイン統治が300年以上に渡ったからですかね。ただ、スペインのポルボロンとフィリピンのポルボロンとでは原材料に違いがあるようです。

ポルボロン(Polvoron)
ポルボロン(Polvoron)

見た目はビスケットですが、粉末がボロボロを崩れるその食感はマカオの杏仁餅(アーモンドクッキー:過去の記事へ)を思わせますが味が全然違いますね。粉が細やかでミルク風味を感じます。

味も6種類(クラシック、ピニピッグ、カシューナッツ、クッキー&クリーム、コーヒー、ピーナッツ)ある上に個包装されているので職場や学校へのばらまき土産には最適だと思います。

おすすめ度:★★★★☆
ここで購入:スーパーマーケット、ニノイアキノ国際空港

フィリピンのインスタントコーヒー

フィリピンはコーヒーの産地でもあります。
ジャコウネコノの糞から採取される未消化コーヒー豆であるアラミド(インドネシアで言うところのコピ・ルアク)が有名ですが現地価格でもお高いので手が出せず…という事で、インスタントコーヒーを何種類かGETしました。

フィリピン インスタントコーヒー
フィリピンのインスタントコーヒー

画像左側の個包装された小袋入りコーヒーは種類が豊富で1個あたり6ペソ程度で入手できます。味わいは総じて甘いので、好みにも依存しますが(それ故に私はマイナス評価)お土産としても良いと思います。

ネスカフェ等よりもローカルブランドを選ぶと良いと思います。フィリピンローカルかどうか?は単純に値段も安いので、割とスグに判別可能です。

おすすめ度:★★★☆☆
ここで購入:スーパーマーケット

カラマンシージュース(缶ジュース)

私はフィリピンに入って初めてカラマンシーという柑橘類の存在を知りました。
フィリピンでは非常にポピュラーなフルーツで、ジュースだけではなく料理にも使われるのだとか。日本で言うすだち感覚ですかね?

カラマンシージュース(缶ジュース)
カラマンシー缶ジュース

表現が難しい味わいですが、本来はとても酸っぱいのでしょうね。
なかなかの凝縮感でとてもフレッシュ♪砂糖で上手に調整されていて飲みやすくて美味しいです。

美容や健康にも良いおすすめジュースですが、液体故に重たいのが難点ですかね。フォーシーズンジュースと共にマニラを思い出しながら飲みたいと思います。

おすすめ度:★★★★☆
ここで購入:スーパーマーケット

パンシットカントン(PANCIT CANTON)

パンシットカントン(PANCIT CANTON)とはレストランやホテルの朝食等でも当たり前のように見かけるフィリピンの国民食とも言える料理です。

なのでスーパーマーケットでも多くのスペースがパンシットカントン用に割かれています。

パンシットカントン(PANCIT CANTON)
パンシットカントン(PANCIT CANTON)

インスタントなので特別に美味しい!という訳でもありませんが、インスタントとしては上出来レベる。醤油とオイシターソースが合わさったような味わいで、とても良く出来ていると思います。

それに何より値段が安いんですよ。1個10ペソ未満(20円程度)でフィリピンの味が手軽に楽しめる良いお土産。野菜や豚肉を加えて炒める等すれば更に美味しく味わえそうです。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、ニノイアキノ国際空港

粉末ジュース Tang

マニラのスーパーマケットで感じた日本との違いの中で大きいのがコチラ、粉末ジュースであるTangです。(タンと呼称)

フィリピンというよりも中南米で絶大な人気を誇っている事を帰国後に知りました。

粉末ジュース TANG
粉末ジュース TANG

味によって値段が違うTnagですが、だいたい1袋8ペソ前後。私はこのマンゴー味をヨーグルトと混ぜて楽しんでいます。

おすすめ度:★★★☆☆
ここで購入:スーパーマーケット

バナナケチャップ(BANANA CATSUP)

見た目は普通のトマトケチャップなのですが…何とこのバナナケチャップ、原材料であるバナナに赤い着色料を加えたもののようです。
私はバナナケチャップ = 愛称的なものと勘違いしておりました。

バナナケチャップ(BANANA CATSUP)
バナナケチャップ(BANANA CATSUP)

繰り返しになりますが、見た目は本当にトマトケチャップなのにトマト特有の酸味がなくて、甘さにスパイスのアクセントが加わりつつもバナナの味はしない…という何とも不思議な味わいです。

安価でレトルトパウチされたパッケージもあるのが旅行者にとって嬉しいところです。

おすすめ度:★★★☆☆
ここで購入:スーパーマーケット

フィリピン ご当地カップラーメン

その国らしさが身近に感じられるご当地カップ麺は、ばらまき土産には嵩張りますが、自分へのお土産としても良いお土産だと思います。(私もスーツケースの空きスペースはカップ麺で埋まる程に大量購入します。)

Lucky Me! カップ麺
Lucky Me!のカップ麺

種類も沢山ある上にハーフサイズなのが良いですね。

小腹が空いた時やお酒を飲んだ後のシメとしてもGood。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、ニノイアキノ国際空港

オリジナルエコバッグ

それほどエコの意識が高いように見えなかったマニラの方々ですが、各スーパーマーケットのオリジナルエコバックが置かれている事が多いのが印象的でした。

オリジナルエコバッグ
Rustan’s Supermarkets エコバッグ

薄いながらも丈夫なナイロン製やコットン製等 素材も様々で価格もおおよそ100ペソ以下で購入できます。

おすすめ度:★★★★☆
ここで購入:スーパーマーケット

シニガンスープの素

安心の有名ブランド Knorr(クノール)が出しているシニガンスープの素です。

シニガンスープとは肉や魚介等の好みの食材を煮込んだメジャーなフィリピン料理で、日本人には馴染みの薄いタマリンドというマメ科の植物による酸味が特徴的です。

クノール シニガンスープの素
クノール シニガンスープの素

フィリピンではご飯と混ぜながら食べられるようですが、私はスペアリブを保温調理器具(過去の記事へ)で作りました。大根と煮るととても美味。^^

酸味に好き嫌いは分かれそうです。かさばらない点も評価できます。

おすすめ度:★★★★☆
ここで購入:スーパーマーケット

フィリピンのラム酒 TANDUAY RHUM(タンデュアイ・ラム)

私が今回のマニラ旅行で最も衝撃を受けたのがこちら、フィリピンローカルのラム酒でTANDUAY RHUM(タンデュアイ・ラム)と言います。

TANDUAY RHUM(タンデュアイ・ラム)
TANDUAY RHUM(タンデュアイ・ラム)

小瓶ですがお値段何と50ペソ以下と激安ですが、そうは思えない上質な味わいでした。正直、不味かったらコーラで割って飲もうと思っていただけに嬉しい誤算。ロックでグイグイ行けちゃいます。

もっと買っておけば良かったと後悔した逸品です。フィリピンはとにかく国産のお酒が安いのが良いですね。下手したジュースよりも安いです。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、ニノイアキノ国際空港

7Dのドライマンゴー

最後はフィリピン土産のド定番、ドライマンゴーです。

ドライマンゴーにも色々な種類がありますが、中でもセブ島発の7Dというブランドのドライマンゴーがおすすめです。

7D ドライマンゴー
7Dのドライマンゴー

日本でも普通に買えるので斬新さには欠けますが、美味しい事は間違いないです。

おすすめ度:★★★★☆
ここで購入:スーパーマーケット、ニノイアキノ国際空港

以上、これからフィリピン(マニラ・セブ等)に旅行される方の参考にもなれば幸いです。

|マニラ旅行記| 1/32/3 | 3/3(今ココ)|
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


2 Responses to “フィリピン マニラで買って良いと思ったお土産紹介!(ばらまき土産 in スーパーマーケット)”

  1. […] 1/3(今ココ) | 2/3 | 3/3|| 通販日記のトップへ| 実践! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ