高いソニッケアーの替えブラシ(ブラシヘッド)を1/10の激安価格で 互換ブラシを使ってみた。

約7年振りに歯医者さんに通うようになって、初回の検診時に「歯石等は殆どなく良好な状態です☆」と可愛い歯科衛生士さんさんが言って下さったのは、毎朝の歯磨きにフィリップスのソニッケアー(過去の記事へ)を使っている事が大きく影響していると思っています。

まさにソニッケアーさまさまなのでありますが、ソニッケアーはいかんせんランニングコスト = すなわち替えブラシ(ブラシヘッド)が高額なのが難点であります。
何せ1本あたり約1000円ですからね…ソニッケアー発売元のフィリップスは、最良のブラッシング効果を得るために替ブラシは3カ月交換を推奨している~という事は、1日あたり10円ですか。やっぱ高いです。

高くても価格に見合った納得感が得られれば良いのですが、シンプルな作りだけに素人目には価格なりの価値が感じられず、むしろプリンタにおける純正インクビジネスのような軽い嫌悪感さえ抱くようになりました。

そんな訳でソニッケアーのブラシヘッドと互換性のある互換ブラシを使ってみました。ちなみに互換ブラシの利用は初めてではないです~。

ソニッケアー 互換ブラシ(ブラシヘッド)
ソニッケアー 互換ブラシ(ブラシヘッド)

互換ブラシは色々なメーカーから販売されていますが、今回購入したのはHLC フィリップス ソニッケア 対応 HX6024 替えブラシ 互換品という商品で、2セット8本入りで880円でした。1本あたり約100円と、純正品と比較しても1割程度!かなりお安いです。

では品質面はどうでしょうか?

HLC ソニッケアー 互換ブラシ

まずは本体の心棒?入る穴の形状ですが、特にバリ等もなく(当たり前か)きっちりとフィットしました。

amazonのレビューによると「使用中に振動により抜けてくる」といった口コミも見られましたが、私が購入した商品は何ら問題ありませんでした。

やはり安いなりにロットなりの品質のバラつきは覚悟しなければならないようです。
が、それを勘案しても安いので問題ないと思います。

HLC ソニッケアー 互換ブラシ ヘッドの拡大画像

ブラシは若干柔らかめですかね。
好みにもよりますが、私はこれくらいの方が好み。ソニッケアー独自の超音波水流もちゃんと起きているように感じました。

肝心の磨き心地ですが、新品同士であればフィリップス純正品の方が断然上でしょうね~って価格差を考えれば当然かも知れませんが、かといってダメな商品ではないです。3か月以上使ってヘタった純正品よりは、新品の互換ブラシの方が良いと思います。

■まとめ
永久歯は文字通り一生モノです。
仮に互換インクを使ってプリンタが故障したとしても パーツを交換すれば済む話ですが、歯はそうはいきません。
故に電動歯ブラシにおいては純正品を使うのが一番ではありますが、今回のような互換品を使う場合にはヘッドの状態には常に注意し、良い状態を保つ事が肝要かと思われます。

ソニッケアー 替えブラシ(互換品)購入先情報


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ